マスクマスクマンマンのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2012年6月28日(木)

スペル・デルフィン選手が
大阪府・和泉市議選に無所属で出馬するとのこと。
和泉市がデルフィン選手の生まれ故郷で
「プロレスの経験や知名度を生かし
スポーツを通じた青少年育成や町おこしをしたい」とコメント。
覆面着用については
「臨機応変に考えるつもり」としている。

大阪維新の会による流れで
政治に関する手腕や個人の能力を
大阪は特に問われる気がします。
人気や知名度も重要ですが
そこでどれだけ優位にたてるのか。

サスケ選手の
覆面、脱ぐ脱がないという
前例があるから
覆面を脱いだ時点で
誠意があるといわれそうな
思わぬ効果がありそうだが
どうなるんでしょうか。。。
一度、マニュフェストをチェックしてみたいです。

 2012年6月21日(木)

なんと
6・16大阪で
オカダ・カズチカ選手が負けて
棚橋弘至選手がIWGPに返り咲きました

王座陥落の時から
棚橋選手のコンディションとか心配だったので
4ヶ月ぶりという短期間で取り戻すとは
びっくり。

まだ試合を観て無いのですが
終始レインメーカーを封じ
一度も喰らわなかったとのこと。
やっぱここが明暗なんですね。
棚橋選手も
レインメーカーに耐えれるかはわからないので
いわゆる
完全勝利ではなく
今回は
作戦がはまったお陰で
軍配が上がったという感じでしょうか。
そのせいか
レンメーカーが負けたのに
台風4・5がたて続けで
レインがザーザーですよ。
おかしいなぁ
太陽が勝ったはずなのに。。。

 2012年6月14日(木)

サッカー日本代表
ワールドカップ
アジア最終予選が
盛り上がってます。
物議を醸した
オーストラリア戦の
ラストのフリーキック前の笛には
一瞬キョトンとしてしまいましたが(笑)
サッカーのテレビ観戦に
だいぶ力を込めて
見入ってしまいました。

サッカーの試合観戦も
スタジアムでの生観戦
スタジアムの大画面で見たり
スポーツバーや飲み屋に集まって観戦と
大人数で一緒に
共有するのが
醍醐味ですね。
いまの時代のお祭りに間違いないです。

もちろん
プロレスも大人数で共感する醍醐味のあるものですが
プロレスという中にある
中身のジャンルが広すぎて
趣味嗜好によって選択することになる。
それはそれで良いのだけど
その状態だと
一般の方々には
伝わりにくい。
たぶん
大勢の市民権を得てた時代のプロレスは
もっと勝ち負け・真剣勝負を
前面に打ち出してた気がします。
そう簡単に
市民権を得るのは難しいでしょうが
やはり「真剣勝負さ」というのが
大事な気がします。
プロレスだっていつも真剣勝負ですが
より「真剣勝負さ」みたいなものが
あるといいなと思います。この「さ」は
センスなのか努力なのか…

 2012年6月7日(木)

よく
「気が付いたらドレッシングルームにいた」
というのを聞く。

試合の最中
頭を打った後
無意識のままで闘い
気がつくと試合を終えていて
ドレッシングルームだったと。
本人は
覚えてないけど
試合はきっちりとやっていたという。

自分の日常生活で
朝、起きて・歯を磨いて・着替えてとか
繰り返してるから
気が付いたら、もう準備が出来てたとか
なんとなくあるけど
(これは、単に寝ぼけてるからだろうが)
それくらい
日常的に試合を繰り返した賜物なのだろうか。
日常的に
漫画を描いてる、みのも先生とか
気が付いたら漫画が
描きあがってたとかあるのだろうか。

この記憶を無くしたレスラーの話を聞くたび
凄いなぁと思うけど
反面
頭を打つということは
ものすごく危険なんだと改めて思いました。
レスラーの日常はやっぱり非日常だ。

 2012年5月31日(木)

空手は殆ど知らないけど
大山倍達氏は
書籍などで少しだけ
かじったことがある。
空手に関しては
観るものではなく
やるものという印象。
そして
空手道というより
大山倍達道。
マス大山先生と呼ぶに相応しい
素晴らしい人間性だと
こころあらわれます。
誠実に道を歩んできた
大山倍達氏の言葉は
重く
鋭く
真実で
真っ直ぐな
まさに正拳そのもので
ズシンと響く。
余りにも実直なため
受け止めきれません。

自分はどこか
ズルく生きてきたので
シンプルで
正しい言葉に
耐えられない自分がいます。
人に夢を与えるというのは
こういう人であり
こうあるべきであるなと
心から思いました。

プロレスラーは
トンパチなキャラクターなどあれど
私生活から無機軸な人ばかりじゃない。
けど
なかには素でトンパチの人も…
なんかそれはそれで
プロレスという受け皿では
許せる程の広い大きさがあるけれども
今回の
NOSAWA論外選手の不祥事は
さすがに厳しいかも。
とくに
二回目というのが残念。
こんな道の外れかたでは
もう
まっとうな夢は与えられないかもしれない。

擁護はしませんが
これからの人生を
投げやりにならず
生きて
頑張って欲しいと思います。

 2012年5月24日(木)

ここ2年の間に
ちょっとづつ
そして
確実に脂肪がついていき
体重が変わらないという
カモフラージュに気付かず…
いや
見て見ぬ振りをしていたら
くびれがなくなり
寸胴体型になってしまいました。
自分はあんまり支障ないので
のんびり構えてましたが
「もしかして太った?」と言われてたのが
「太ったね~」と確信をもって言われると
ヤバいかなと…。

そんななか
週刊プロレスをパラパラしてたとき
飛び込んできた
ザ・グレート・サスケ選手の身体!
すげー締まってる!
「かっこいいカラダ」という雑誌の表紙である。

 

サスケ選手の身体は
殆ど観たことないけど
こんなキレキレじゃなかったと思う。
これはかなり衝撃が走ったので
すかさず
近所の本屋に走ったが
福島の片田舎では
「かっこいいカラダ」は
置いてなかった…
ああ
かっこいいカラダの
道のりは遠い…

 2012年5月17日(木)

相当、遅ればせながら
NEW JAPAN CUP 2012
全試合は見終えてませんが
一回戦は全て観ました。

どれも熱戦で面白く
新日本プロレスの勢いも感じ
嬉しかったです。

結果、後藤洋央紀選手の優勝で幕を閉じましたが
大会が盛り上がったのも
出場していない
オカダ・カズチカ選手の存在がやっぱり大きいですね。

前IWGP王者の棚橋弘至選手は
ベルトを持ち続けて王者の貫録が出た感じがしますが
オカダ選手は
ベルトに選ばれた感じ。
中邑真輔選手にも以前
そんな感覚で観た気がしますが。。。

なにはともあれ
試合は面白い。

オカダ選手に挑戦した内藤哲也選手・後藤洋央紀選手の試合も
挑戦者の試合巧者なところもあいまって
とても
手に汗握る面白い試合でした。

こうなってくるとオカダ選手には勝ち続けて
名勝負を沢山生んで欲しい。
ともかく
みんなから攻撃されまくってる
膝の怪我には気をつけてほしいです。
なんか
オカダ選手が負ける時は
足四の字固めで負けるような気がする。

 2012年5月10日(木)

小倉大道芸フェスティバル2012
見に来て下さった方
偶然、遭遇してしまった方
皆々様方
ありがとうございました!!

ショーは全部で6回なので
6試合
やりましたが
まぁ、全部が印象違う試合になり
勉強になりました。

とくに
1日目の二回目「コレット/アイム」は
小雨の降りしきる中でのパフォーマンス。

下のタイルが異常に滑りやすくなっており
地に足がつかない感じで
もはや
ひとりデスマッチ状態。
下手したら自滅バックドロップで
KOしてしまいそうでした。。。
まさか
雨がこんなに
強敵だとは。

たしかこの日は博多に
オカダ・カズチカ選手が来てたはず。

 

リアルに、雨男やんけ!!!

 2012年5月3日(木)

本日5月2日
北九州市は小倉に入りました!
今日は
あんまり天気が良くなかったのですが
明日は晴天の予報ですので
張り切って小倉にいらっしゃってください~!
そして見かけた際は
なにかしらの反応を
宜しくお願いいたします!

小倉は
今回で5回目なのですが
この場所は
すごく良いロケーションなのです!
リバーウォークでパフォーマンスする後ろに小倉城がみえるし
円形で見やすいステージ
小倉の街並みも
アーケード街が網目のように広がり
歩いてても楽しい。
ついでに駅前の路地が
映画『東京タワー』のロケ現場になってたり
(小倉は原作リリーフランキーさんの故郷)
リリーさんファンとしては、嬉しい。
あと
松本清張記念館も
見逃せないです!
清張さんのエネルギッシュさ緻密さなど凄さを実感します!

 

という訳で
小倉のタイムテーブルです!
5月3日(木・祝)
12:30~『井筒屋クロスロード』
14:30~『コレット/アイム』
16:00~『リバーウォーク北九州』

 

5月4日(金・祝)
12:30~『リバーウォーク北九州』
14:30~『井筒屋クロスロード』
16:00~『コレット/アイム』

他にも
関西のチャーミングなコメディジャグラー リッキー
ダンス&ジャグリングのKOMEIさん

スタイリッシュなジャグリングのチュゲさん
も、出演いたします!

どうぞ
お楽しみください~!

 2012年4月26日(木)

福島も桜が咲きました!
山際の光が
届きにくいところはまだまだですが
この暖かかった二日間で満開もちらほら。
冬を抜け
ようやく
春を感じることが出来ましたが
暦は
いよいよゴールデンウィーク間近。

マスクマスク・マンマンも出演です!

「第7回 小倉大道芸フェスティバル 2012」
http://murasakigawa.jp/event/000247.html

2012年5月3日・4日の二日間!!

なぜかまだ詳しい場所は決まってませんが
時間は決まりました。

5/3 (1)12:30~ (2)14:30~ (3)16:00~

5/4 (1)12:30~(2)14:30~ (3)16:00~

※会場は小倉界隈での出演です。

お近くかたは
ぜひとも
足をお運びくださいませ!!

 2012年4月19日(木)

まだ
東北では桜が満開とはいきませんが
春の足音はスグ後ろまで聞こえてまいりました。

地道な活動を繰り広げております
パントマイムプロレスリングですが
ゴールデンウィーク
福岡県小倉にて出演が決定いたしました!

「第7回 小倉大道芸フェスティバル 2012」
http://murasakigawa.jp/event/000247.html

2012年5月3日・4日の二日間!!

まだ詳しい時間・場所は決まってませんが
小倉の街中で
おこなわれるマイムプロレス試合や
他にも
多数の芸人さんが
繰り広げる芸の数々を
お楽しみくださいませ!!

要所としては
◎井筒屋クロスロード
◎コレット/アイム
◎チャチャタウン小倉
◎リバーウォーク北九州
◎魚町 銀天街
◎JR小倉駅2F(小倉城口)
のどこかがポイントになります!

正式に決まりましたら
こちらに載せます!

そして
なんと小倉大道芸の初日に。。。
2012/05/03。。。
福岡・福岡国際センターにて
15:00~
「NJPW 40th anniversary レスリングどんたく 2012」が
行われているではありませんか!!!
IWGP選手権試合!
オカダ・カズチカ VS 後藤 洋央紀
ひそかに!?
IWGPタッグ選手権試合もやってますが。

もしも福岡に足を運ぶ方がいらっしゃいましたら
5/3は福岡国際センター
5/4は小倉大道芸フェスティバルに
ツアーでお越しください~

自分も福岡国際センター行きたかったー

 2012年4月12日(木)

春ですね。
東京は桜がもう散り始めたそうですが
福島白河は
まだ咲く気配もなく
春はもう少し先です。

先日行われた
ニュージャパンカップは
後藤洋央紀選手が棚橋弘至選手を破り優勝
IWGPの挑戦権を得ました。
3度目の優勝で
「春男」と呼ばれてました。

5/3に福岡で
オカダ・カズチカ選手とのIWGP選手権試合は
春の真っただ中
この勢いで奪えるか
それとも
温暖化の影響で夏がきちゃうのか。
福岡はあったかいので
東北でやれば
まだまだ春男の息も長かろうに。

 2012年4月5日(木)

ライヴハウスでのイベントを手伝うだけの予定が
一週間前くらいに
「DJもやってよ」という話になり
人生初のDJブースに立つことになった。
30分ほど音楽を再生するだけなのだが
問題は曲のセレクト。

これが考えれば考えるほど難しい。。。
出演者のイメージに合わせるか
イベントの趣旨に合わせるか
ライブハウスの雰囲気に合わせるか
お客様の層に合わせるか
自分の趣味に合わせるか

ってか、条件絞ったとこで、合う曲を選べるのか?

しかし、その反面
かけたとたん
なにこの曲!知らないー、すげーイイ曲!
この曲のそんなバージョン知らなかったよ!
後で教えて、これ!
と言われるに違いないセレクト
という
甘い甘い妄想が選択条件に
こびりつく。

そんなこんなで
最終的に
イベントタイトルの副題に「悪童」とあったので
「悪童」のイメージで
Iggy pop(The Stooges) , Sex pistols を軸に
とにかく、ボーカルとギターが延々やかましい曲を
30分ノンストップで流しました。
プロレスで例えると
リージョン・オブ・ドューム(ロード・ウォーリアーズ)が
瞬殺試合展開を
ひたすらに30分やる感じでしょうか。

試合結果としては
お客様全員、五感のうち、四感しか稼働してないというか
スピーカーから流れる音には
びた一文もチューニング合わせてない御様子。

ひたすらに大大大惨敗。

甘い甘い妄想は
ニッキ水を鼻から流し込まれる拷問に。

曲自体は世に出てる素晴らしいものばかりだから
そこに問題はない。

ただ
新人で前座なのに
ホーク&アニマルのような試合展開で
しかも30分続けたところで
盛り上がる訳がないということを
終わってから学びました。

最初に
プロレスの試合展開におきかえれば
もう少し
ましな試合(DJ)が出来たと思いますが
今回は心に火傷を負ったので
しばらく
別ジャンルの事には手を出さないことにします。

拝啓 Iggy pop様, Sex pistols様、大変申し訳ありませんでした。

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.