マスクマスクマンマンのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2011年3月24日(木)

橋本真也選手が亡くなって、ポッカリとあいた穴も
時間がそれを忘れさせてくれてた。
だから
大地選手は大地選手。
個人を尊重しようと思うのは、当然の事なのだ。
だが
この両国国技館に
武藤選手が来て
蝶野選手が来て
爆勝宣言が流れて
橋本真也選手の息子がリングでデビュー。
こんなに揃えられてしまったら
永遠に埋めることが出来ないと思ってた
空白が
埋めることが可能かもしれない、いや可能だ!!
みたいな
空気に会場がなってた気がするんです。
(俺だけかもしんないけど…)
もう、リングに立つ大地選手に橋本真也選手を
重ねてみることしか出来なくなり
求める姿は
爆殺シューター。

父の技をやれば
否が応でも
俺の頭の中の
プロレス脳が
神通力を宿らせて
DDTで蝶野選手を倒しても納得するかもしれん。

爆勝宣言を流しちゃったら、御光臨の儀式ですよ。
もはや。

このへんは
完全にファンタジー狂いみたいになってますが
橋本大地選手には
個人を考える前に
橋本真也選手を
なぞっていくべきな気がする。
このプロレスという特異なジャンルでは
歴史を紡ぐという中で
継承という名の
王道ではなかろうか。

 2011年3月10日(木)

行ってきました!!
3・6ZERO1・両国国技館
GO-Qプロレスの皆様も大集合でリングに熱視線!

個人的なハイライトは大多数のお客様と同じく
『橋本大地』選手のデビュー戦。
闘魂三銃士直撃世代なので、この試合の解説に武藤選手が来てて、入場曲で入ってきただけで泣き
蝶野選手の入場で泣き
橋本大地選手の入場で流れる「爆勝宣言」で泣きと、試合前から泣きっぱなし。会場が暗くて
良かったですホント。

プロレスはファンタジーだと言いますが
目の前のことは現実でおこってる
かといってリアルな事だけで収まる事はない。
プロレスって改めて特異なジャンルであり面白いと思った。
そして
そのファンタジーの部分で、ファンとして悩みどころが出来てしまった。。。

 

つづく

 2011年3月3日(木)

いよいよ今週末
ZERO1 「プロレス」 両国国技館大会

ビッグマッチというかビッグチャレンジ。

注目は多々ありますが
やっぱり
橋本大地選手は
気になってしまう。

父でありZERO1の創始者である
橋本真也の息子のデビュー。

こんな大博打のようなデビュー戦は
プロレス界の低迷を目の当たりにしてしまった感じ。

橋本大地選手のデビューはとても嬉しいし
心から
一流に育って欲しい気持ちで一杯だけど
いきなり
背負ってるものの大きさが半端ないです。

気負わず、歩んで行ってほしいけど
マスコミの注目もある。
個人的にはシャットアウトしてあげたいけど
今回は
大会を成功させなければならないという使命もあるから
注目を浴びるようにしなければならないし
なにかと育つ過程の順番が逆転してて
勝手に心配だ。

きっとプロレスのマスコミの方々も
取材しすぎたらプレッシャーになるんじゃないか?
でも、注目させなきゃならないし
葛藤してるように思う。

デビュー戦にして選手生命
そして、団体の生命に
関わってしまう大会。

橋本大地選手による

大博打・両国国技館の

破壊と創造を期待してます。

 2011年2月24日(木)

タイガーマスクも無事、勝利してマスクを死守。
これで抗争も一区切りといったところでしょうか。
何試合か石井選手との絡みを観ましたが
毎度、最後にマスクをはがされちゃってるんですよね。。。
素顔は見えてないけど。
で、セコンドがシャツを脱いで顔を隠すんですが
いかんです。
これはセコンドがいかん!!
剥がされ方は、後ろのひもが試合中はずされて
ずっとゆるんだまま展開してるなか、勢いでベリっと剥がされちゃってる。
ということは
ちゃんと紐を縛りなおせば剥がされることはないのですよ。
素顔が曝される直前ってことなのかもしれないけど
マスク取られた時点で負けた感じがします。
まだ破かれたほうがいい。
そこで若手、ちゅうかセコンドの選手に言いたい!
マスクの紐を緩められたら
縛ってあげて!!
すぐに!!
もっと、マスクを剥がされることの
重大さをもって欲しいです。

 2011年2月17日(木)

抗争を繰り広げてる
タイガーマスク VS 石井智宏

マスカラ・コントラ・カベジェラで敗戦し
髪の毛を刈られた石井選手が
今度はブラックのタイガーマスクを被って
執拗にタイガーマスクにつっかかり
2/20(日) 宮城・仙台サンプラザホールでは
別に
石井選手の素顔も興味ないというか
もう、わかっているのですが
今度は
その、とってつけたようなブラックタイガーのマスクを賭けて
マスカラ・コントラ・マスカラ。

タイガーマスクにとって
全くの徒労すぎてかわいそう。

大体、髪の毛の時も、石井選手はその時点で短髪で
変わり映えなかったし
マスクも取ってつけた話だし。。。

石井選手は負けたら
「女装レスラー」になることにしたらいいと思う。
マスカラ・コントラ・女装

負けたら
石井デラックス。

 2011年2月10日(木)

行ってきましたー
2・3新日本プロレス 福島県・白河大会

とにかく
寒かった。

試合が、じゃないですよ
体育館が!

東北の真冬の夜の体育館ですよ

義務教育時代
半袖短パンで冬の体育を
やってた頃を思い出すほどの
ノスタルジック寒。

そんな極寒のなか
裸同然で
試合を行うプロレスラーは
もはや
縁起ものを見ているようでした。

結果は

キング・ファレVS三上恭佑(逆エビ固め)でキング・ファレが勝利
アンダーソン・バーナード・ライガー組
VS中西学・ストロングマン・KUSHIDA(ガンスタン)でアンダーソン組が勝利
高橋裕二郎・内藤哲也VS後藤洋央紀・T.トンガ(東京ピンプス)で高橋組が勝利
タイガーマスク・天山広吉VS飯塚高史・石井智宏(反則)でタイガー組が勝利
井上亘・永田裕志・P.デヴィット・田口隆祐
VS中邑真輔・矢野通・邪道・外道(スピアー)で井上組が勝利
棚橋弘至・真壁刀義・本間朋晃
VS小島聡・NOSAWA論外・タイチ(ハイフライフロー)で棚橋組が勝利

なんか
書きたい事いっぱいなくらい
楽しかったです。

もう、日にちも経ってしまったので
おいおい
想い出話みたいに書かなきゃ。

 2011年2月3日(木)

2月2日の朝
駅前の駐車場に
「新日本プロレスリング」の宣伝カーが停まっていた。
2月3日は
福島県白河市中央体育館で
新日の興行なのです。

都内に住んでたのが長かったので
新日の地方巡業を見るのは
新潟にいた中学生のころ以来になると思うと
かなり楽しみなのです。

その時に観た
トップオブスーパーJr の公式戦
獣神サンダーライガー VS スペル・デルフィンで
初めての声援
「ライガー!!」って
声を出したことを思い出しました。
そして
練習生な感じで安田忠夫選手が雑用をこなして
いたのも思いだしました。
なんか
失礼ながら
練習生のくせにデカイなぁっと
訳わからん事を思ってました。
勝手に下に見てたのかもしれません。
いまさら
スイマセン。

そんな安田忠夫選手も2・4に引退試合。
一日3試合やるんですよね、凄い。
花道をかざって欲しいです!

という訳で
2・3白河大会
観に行ってまいります!!

注目は
先日、後楽園で観た
タイガーマスク VS 石井智宏
マスカラ・コントラ・カベジェラで負け
バリカン入れられた石井でしたが
往生際が悪く
完全決着はまだつきそうもないなか
今回は
タイガーマスク・天山広吉  VS  石井智宏・飯塚高史

荒れそうな予感です!

宣伝カーが賑やか走り
街のみんなが観に来てくれるといいな。

 2011年1月27日(木)

1月23日(日)に
NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011
行ってきました。
対戦カードは

邪道・外道 VS マキシモ・男色ディーノ
G.バーナード・K.アンダーソン・獣神サンダーライガー
VS D.ロホJr・アトランティス・タイチ
- CMLL6人タッグ選手権 -
L.マスカラ・M.ドラダ・L.ソンブラ
VS 内藤哲也・高橋裕二郎・OKUMURA

- マスカラ・コントラ・カベジェラ -
タイガーマスク VS 石井智宏

ミスティコ VS アベルノ
- IWGPジュニアタッグタイトルマッチ -
田口隆祐・P.デヴィット VS 飯伏幸太・K.オメガ

前日の大会には行けなかったのが悔やまれますが
日曜だけでも大当たりでした。

言い方が悪いですが
少し色もの的な大会と思って行ったのですが
CMLLの選手による個々のチカラもさることながら
邪道・外道の受けのうまさ
ジャイアント・バーナードのデカさとコミカルさ
メインにはIWGPタイトルマッチなどなど
新日本プロレスによる
層の厚みに感嘆。
新日本プロレスリングすごい!!

ミスティコ VS アベルノ も
きっと
本場ではドル箱カードなんだろうなぁってなる
噛み合った試合で
技と技の間がメヒコ時間!?で
空いたりもしたけども
お互いの良さがいかんなく発揮されて
面白かったです。

休憩時間にメキシコの音楽(マリアッチって言うのかな!?)
ギター男性2人とアコーディオン女性1人が
歌をうたう時間とか
堪んなかったです~
メヒコ
一度は行ってみたいです!

 2011年1月20日(木)

試合を見てて
ふと
のめりこんでる状態から
体重が後ろに引く瞬間があって
最初
自分で理由が分からなかったんだけど
考えてみたら
「リングをかなり上手に使ってる瞬間」に
すこし
冷める感じがありました。

トップロープで
完全な安定感を保ってるのって
絶対に
高度な技術なんだけど
綺麗すぎちゃって。

リングを上手く使うことは
プロレスラーにとって最低限の技術だと
思ってたけど
実は全然必要無くて
四角くて
ロープが3本張ってある
いつでも
逃げれるスカスカな檻に
入れられて
闘わなきゃならん!
みたいな状態のほうが
わくわくしそう!?

なんか不思議なんです
リングをうまく使えてないと
「うーん」って思ったりするくせに
うま過ぎても「うーん。。。」

 2011年1月13日(木)

新年あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願いたします

いま全国で
伊達直人こと
タイガーマスクが善意の神出鬼没。
「タイガー運動」とか
いわれてるみたいですね。

オリジナルは
漫画だけど
最初に現実世界でやった方は粋ですよね。
しゃれもきいてるし。
たぶん
昔からあったアクションだと思いますが
共鳴していく感覚が嬉しいですよね。
素晴らしい話です。
一過性じゃなく、していきたいです。

自分の身近な
タイガーマスクといえば
近所のラーメン屋
「やまき」のおじさん。

先日
行ったときに
『ZERO1』両国国技館大会 2011年3月6日(日)の 
大会ポスターを
快く貼ってくださいました。
ポスターを見て
「いいじゃない! かっこいい! うちにピッタリだ!」
と、絶賛!!
今度
みのも先生の「プロレス・スターウォーズ」を
全巻寄付しようかな。
もちろん
宛名は「伊達直人」で。

「やまき」の紹介されたページ
http://www.kfb.co.jp/tv/jch/ra-men/2010/01/no419.php
 美味しそうに紹介されてたブログ
http://bob3.seesaa.net/article/171504520.html

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.