みのもけんじのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2017年3月20日(月)

先日のテレビ朝日の『プロレス総選挙』は大変面白かったのであります。

面白かった故にWBC世界野球選手権の試合が伸びに伸びての深夜放送となったのが悔やまれるのであります。

久しぶりのゴールデンタイムでのプロレスをいろんな人達に観て貰いたかったのであります。

テレビ朝日には是非とももう一度ゴールデンタイムでとお願いしたいところなのであります(無理な話でしょうけどネ笑)

ランキングについてはそれぞれに言い分があることなのは仕方ないモノでありますが、藤波辰巳選手の順位はどうだったのでありますかね、その他の選手達のランキングとかもね。

何はともあれ深夜にもかかわらず高視聴率だったとのことで、また何かの形でゴールデンタイムでのプロレス放送をお願いしたいところなのであります。

で、ランキングなのでありますが自分が思うにはかなり順当的なランキングであったのかと。

ここでオカダカズチカ選手なんかがトップをとったりしたらどうだったのでしょうか、しかしやはり猪木さんなんだろーなナンバーワンは。

ガンツ堀江さんがツイッターで~馬場と猪木を同率首位としてこそのプロレス~みたいなことを言ってましたが名言と感心しつつ今は両者リングアウトは許されない時代なんだと思ったりしてるのであります。

 

オカダカズチカ選手言えばやはり打点の高いドロップキック!!

図らずもその昔ジャンボ鶴田選手がデビューしたときに馬場さんが「ドロップキック一発で銭が取れればレスラーとしてたいしたもんですよ」と言ってたのを思い出すのであります。

ジャンボの打点もそれは高く馬場さんの身長209センチとジャンボの体が平行になってましたからね。

勿論オカダカズチカ選手もその高さは楽々クリアできるでしょう。

二人のダブルドロップキックでアンドレに相対して貰うのも夢があるのであります笑

ドロップキックはリングの華とも言われてました。

現代の第一人者は文句なくオカダカズチカ選手でありますからね。

自分はここ一番で出す鈴木みのる選手と長州力さんのドロップキックはなんだか似てて好きなのであります。

そしてドロップキックと言えば自分的にはパット・オコーナーのドロップキックが大好きなのであります。

勿論、マスカラスやアントニオ・ロッッカの連発ドロップキックも華麗で好きなのであります。

そう考えるとまさにドロップキックは今も昔も『金の雨』を降らせてきたのでありますね。

ドロップキックなんてのは普通この目で目の当たりにしないものでありますからね。

そして初代タイガーマスクと馬場・猪木、力道山は別格と言うことなんですね。

ならば今度はレジェンドレスラーを殿堂入りとしてのランキングも良いのかなと思うのであります(そんなの毎年どこかでやってるか笑)

 

いろんな形でプロレスが盛り上がることは嬉しいことなのでありますね。

 

蛇足として、ランキング20位のアンドレの後の19位の時にファンの方がキングコングニードロップと言ったとき『おっ!ブロディだ!!』と思ったのは自分だけではないのでしょう笑

入場曲もだしなぁ………笑

ブロディと言うよりもバズ・ソイヤーやグレック・バレンタインタイプだと思ったりしてる訳なのであります。

 2017年3月13日(月)

近頃よくYouTubeで東京キッドブラザーズの動画をみているのであります。

それも柴田恭兵さんや三浦浩一さんや峰のぼるさん達の初期のキッドブラザーズの動画で新宿シアター365でやっていた頃のメンバー達の動画、『失われた藍の色』やその当時の動画ではないけど『冬のシンガポール』を見ているのであります。

シアター365での『冬のシンガポール』は何回も通って観ていたのであります。

川船さんや金井さん、飯山さん達の懐かしい役者さん達の力強い歌声に涙しているのであります。

嗚呼、あの頃の動画とかないのかなぁと思うのであります。

シアター365での『冬のシンガポール』の打ち上げには自分の先生であるビッグ錠さんと参加させて貰い役者さん達とお話させて貰ったり下手な似顔絵なんかを描かせてもらったのであります。

皆さんどーしてるのかなとか思ったり『失われた藍の色』の動画を見て一人噛み締めているのであります。

みんなキラキラしてたなぁ、みんなギラギラしてたなぁ、みんな叫んでたのであります。

 

今も叫んでいるんだろうなぁ。

 

自分もガタピシポンコツながら走って行かねばと思うのであります。

 

東京キッドブラザーズ、また観に行きたいなぁ。

 

それはそうと明日3/12はテレビ朝日で9時から『プロレス総選挙』があるのであります。

みんなそれぞれのひいきの選手が上位ランクインになることを祈っているのでしょう。

自分的にはやはり全日本系の選手達の上位ランクインを願うのでありますが、新日本プロレスのテレビ朝日なのでどーなることやらであります。

それはさておき楽しみにしているのであります。

果たして誰達が上位ランクインするのでありましょうか、そしてナンバーワンとなるのは誰なのでしょうかこうご期待!!

なのであります。

 2017年3月6日(月)

花粉……、そう花粉です。
(ローマの休日のヘプバーン風に)

 

なんだかいつの間にって感じで朝晩に、あれ鼻グスグスしてるなぁ…。

あれ~なんだか目がボショボショしてる。

はぁ、鼻水だ。

たたたッ、目…目がかゆい!!

か…かかッ…花ッ粉だあ~ッ!!(志村けんのだッふんだあ~風に)

そうなのであります、またまた今年も花粉の時期が始まったのであります(@_@)

 

原稿に向かってるといつの間にか鼻水やら涙がツツツゥーッと原稿に落ちてくるのであります。

ティッシュペーパーやら脱脂綿やら詰め込んでセッセと作業をしてるのであります。

 

毎年キチンとやってくるのであります。

嫌でもやってくるのであります。

確定申告と同じなのであります。

キッチリキッチリ。

仕事もこうなれば嬉しいのであります。

朝日がサンサン、おはようサン!!吉田拓郎なのであります笑

 

観たい映画がなかなか観れないのです。

 

レンタルするっきゃないなであります。

 

出不精はなかなか直らないのであります。

 

かなりデブッてきてる(出不精なだけに)自分が情けないのでありますが、こんな自分をどっかに誘い出してくれる既得なひとがいれば良いのでありますがなかなか腰が重い自分が何だかなぁなのであります。

なんとか無事に締め切り乗り越え早くコイコイ春よ来い!!

 

終わったら花粉真っ只中、飛んで行ってやるぞーッ!!

てな気持ちの日々なのであります。

 2017年2月13日(月)

プロレス漫画を進行していまして五月連休前の発売を目指してヒーコラの追い込み中なのであります。

自分的にはかなり力を込めて描いてるつもりなのでホントに楽しみにして暫くのお待ちをお願いしたいのであります。

オールド・プロレスファン待望!漫画「プロレス・スターウォーズ」の第2弾Tシャツ登場!ハードコアチョコレートとコラボの4種を新発売! http://dlvr.it/Mz2dQb https://twitter.com/pressreleasebot/status/813544975623450624/photo/1

ハードコア・チョコレートさんから発売中の『プロレス・スターウォーズ』第二弾Tシャツ4種類と第一弾4種類も絶賛発売中ですのでヨロシクです。

 

ホントにどれも素晴らしいデザインなのでお薦めです。

自分的には輪島さんバージョンとエイリアン&怪奇レスラー軍団がお薦めです。

 2017年2月6日(月)

テレビ朝日、5チャンネル土曜深夜のプロレス進行が止まんねェーッ!!

 

秋元康企画・原案のAKB48『豆腐プロレス~女子高校生プロレス』が0時45分に始まり2時45分からはオカダカズチカ選手を始め棚橋選手、永田選手、真壁選手や本間選手が実名で出る『タイガーマスクW』そしてすぐ後の3時15分から『ワールド・プロレスリング』という怒濤の週末プロレス大行進!!なのであります。

今以上にプロレスブームが盛り上がって行くことを期待したいものであります。

 

それはそうと昨今の恵方巻ブーム(て言うか無理やり感ハンパないのでありますが…)って何だろね。

 

あれは関西だけでやってた風習なんだろーけど関西の芸人さんがちょこちょこ話していたのがその芸人さん人気に煽られ?乗っかって?いつの間にか関東進出なのであります。

 

更には1月三が日からもうスーパーやコンビニなんかでは大々的に予約を取ったりしてて、挙げ句にはいくら売り上げなければそこの店員やバイトさんにまで責任が回されごちゃごちゃしてたり………。

一体何だっツーの!!

 

まぁ、こんな感じでクリスマス(サンタクロースの服の色だって元々はたしか緑か青色だったのがコカコーラがアメリカで流行しそのポスターでのサンタクロースの服がコカコーラの赤色だったってことでサンタは赤って定着した訳で…)が流行り、バレンタインデーしかり、近頃ではハロウィンなのであります。

 

元々、お正月の年賀状だって郵便局がそういう風にしていったとの話もある訳で、そうか土用の丑の日のウナギとかもか………うう~む…ブーム、しかも完全定着のブームの力はすごいのであります。

 

これは宗教なんかにも言えることなんだろーなぁ、宗教にもヤッパその時その時代とかでブームとかあるんだろね………とか何とか言っちゃって。

 

プロレスも完全定着のブームになると良いのであります。

 

話は変わり、アメリカではトランプ旋風真っ只中なのであります。

 

アメリカの有名人のタレントや俳優、ミュージシャンなんかは常々堂々と政党支持や宗教観などを公言しているのであります。

日本のタレントや有名人、ミュージシャンなんかはどちらかと言うとなんだか隠している感じであり、そんな事喋ったら即人気に影響があるかのようなのであります。

つまりデリケートな問題となっているのであります。

誰々はどこそこの信者で、誰々はあそこの信者なんてのはもう今の時代パソコンなんかで調べてりゃすぐに判るもののなのでありますがね。

しかしそれでもおおやけに公言しないってのはスポンサーやなんかとかで、やはりとてもデリケートな問題なのであるのであります。

 

日本とアメリカではそこら辺が大きく違っているのだなぁと考える今日この頃なのであります。

 

ホントはどっちが良いんだろか………うう~む。

 2017年1月30日(月)

なんだか近頃乾燥がひどくてエアコンつけっ放ししてると鼻の中がカラカラで鼻が痛くてヒリヒリして息をするのにもヒーヒー言ってるのであります笑

 

稀勢の里関も待望の横綱となり、さぞやおおひめさんも美味しいお酒を頂いていることでありましょう。

しかし横綱となったらなったでまたまた心配になるのが稀勢の里ファンでもあるのでありますが、ここは本当におめでとうなのであります。

ホントに稀勢の里関には頑張ってもらいたいのであります。

スー女も増えて来て、勿論プロレスにもプ女子が沢山いるのであります。

 

やはりエンタメは『女、子供』に受けなきゃ、その人気には火がつかないのであります。

 

自分の好きなモノが人気や話題になるのは嬉しいのであります。

 

今『はまドラ』は(『はまドラ』とはハマっているドラマでありまして自分で言ってるだけ笑)『逃げるは恥だが役に立つ』が終わり今は日テレの『東京タラレバ娘』なのであります。

どちらも漫画が原作だということでありますが、どちらも読んだことがないのであります。

 

部屋であったかくしてテレビ見てるのもいいものであります。

しかし、たまには外に出かけてワーッとはしゃぎたい季節でもあります。

 

でもやっぱ、寒いのは嫌いなのであります(チッ…、暑けりゃ暑いでタラタラ文句ばかし言ってる男が……)

 

早く来い来い!春よ来い!!

 

暖かくなったらプロレス見に行こう~ッと(^_^)v

 

早く来い来い春よ来い♬

 

(チッ…、まだ1月も終わってないってのに……)

 2017年1月23日(月)

なんだか近頃のほろ酔い寝酒では毎週火曜日に録画してる埼玉テレビの『いろはに千鳥』がとても良いのであります。

 

観てはすぐ消してまた来週までの楽しみとなるのでありますが(すぐに消すなぁぁ!!ずっと録っとりゃええッ!!byノブ)、この刹那の30分がまた嗜好の一時なのであります笑

 

呑むのは近頃はほとんど芋焼酎のお湯割りか水割りなのであります。

黒霧島とかなら至極なのであります。

しかしホットウィスキーもまた良いのでありますねぇ、アルコールでありゃなんでも良いちゃあ良いのでありますが笑(何でもえぇならなら黙って呑めええッ!!それと最後の笑はいら~ん!!byノブ)

 

 

新日本マットに鈴木みのる率いる鈴木軍が凱旋してきたのであります。

リングを占拠しIWGP王者オカダ・カズチカ選手を倒し顔を踏んづけ満員のファンからのブーイングを浴びたのであります。

 

そこで鈴木みのる選手の「ブーブー、ブーブー豚臭ェんだよ!!」さすがに鈴木みのる選手なのであります。

冴えてるセリフなのであります。

喋れて力のある選手がトップを張れて残っていくのであります。

オカダ選手を踏んづけたということは当面はオカダ選手狙いの鈴木みのる選手なのでしょうが、柴田選手との絡みも観たいものであります。

群雄割拠の新春早々の新日マット、とりあえずは鈴木軍に期待しようではありませんか。

 

今年はプロレス界でなんかアッと驚く楽しい事起きないかなぁ~と願う還暦オーバーマンなのであります。

 2017年1月16日(月)

昨年末の新日本プロレス・ワールドプロレスリングのCHAOS対ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの5人タッグマッチを観てたら会場のファンのノリが90年代の全日本プロレスの超世代軍vs正規軍がガンガンやってた時の雰囲気を思い出したのであります。

 

上手く言えないけども新日本プロレスは猪木さんが作り上げてきた殺気ギラギラのまさに『闘う闘魂』なのでありました。

セメントだのガチだの殺し合いだののガチガチのストロングスタイルなのでありました。

会場のファンもガチガチのストロングスタイルファンで殺気ギラギラで応援し時には暴動騒ぎとかあったりもして兎に角ギンギンギラギラガチガチガンガンの燃える雰囲気だったのであります。

かたや全日本プロレス90年代というとジャンボが率いた淵、田上達との正規軍と三沢が率いた川田、小橋、秋山達の超世代軍に外人レスラーもかなりの充実振りでハンセン、ゴディ、ウィリアムス、ベイダー、カンナム、パトリオット、エース達がガンガンぶつかり合い、第1試合からの充実振りもハンパなく前座のチャンピオン百田光雄に極道コンビにツバ吐き永源で笑い、ラッシャーのマイクでまたまた笑いジャイアント馬場さんもまだまだ元気で、セミの若さガンガンのカンナムやパトリオット、エース達と川田、小橋達との試合でクタクタに疲れてメインクラスではジャンボや三沢、ハンセン、ゴデイ、ウィリアムス当たりの試合でクタクタのヘトヘトに燃え尽きていたのであります(笑)

 

その三沢率いる超世代軍vsジャンボ率いる正規軍の闘いに燃えたものであります。

しかも正規軍にジャイアント馬場さんがたまに加わるもんなら、それはもうとんでもなく楽しくハンパなく疲れるのでありました(笑)

 

つまりが要するに言いたいことは殺気ギラギラの新日本プロレスとガンガン行くけどガンガンだけじゃない明るいプロレスだったのが全日本プロレスだったのであります。

今の新日本プロレスの試合も殺気ギラギラだけじゃなく、えーとそう…なんて言うか……そうだキャラクターだ!!

そうキャラクターが一律の『燃える闘魂』寄りではなくより様々なキャラクターがリングを縦横無尽に明るく弾けていてファンのノリがその当時の全日本プロレスのノリに似ているなと思ったのであります。

 

なんだか上手く言えないのでありますが、みんなホントプロレスを楽しんでるなぁと思ったのであります。

 

猪木カラーから脱却したのが良い意味で良かったし今のレスラー達が伸び伸びとホントにやりたいプロレスをやってるなぁと思ったし、今のファンも様々に楽しんでいるのであります。

 

この感じで行くとまさに日替わりでどんどん大化けしてくる選手達が出て来る予感がヒシヒシと伝わってくるのであります。

プロレスラーの皆さんホントに怪我に気をつけて今年も楽しく激しい試合ヨロシクです。

遅ればせながら1/4東京ドーム観たのでありますが、自分の中でのオカダ・カズチカ選手の最高試合となるメーンなのでありました。

オカダ選手の受けっぷりの良さとまたオメガ選手のタフさと思いっきりの凄さが相まって凄い展開で凄いハイスパートな試合でありました。

早々と今年の年間最高試合が出てしまったかと思うほどの試合なのでありました。

この試合のまさにレベルを超えるのはかなりルウゥェェェベルの高い事になるわけでありますが、その分ファンにとっては楽しみが益々増えるのでありますから、こいつは春から縁起がいいってことでプロレス界の益々の繁栄と更なる発展を願うものであります。

 

朝晩かなり寒い日々が続いてきてます、皆さんホントに風邪とかにお気を付けて新しい年をお過ごしください(昨年末に久々に風邪を引きヒーヒー唸ってたみのもでありました笑)

今年の五月までには三年越しでのプロレスの仕事がなんとか完成しそうであり只今頑張って取り組んでいるところでありますので今暫くお待ち頂ければとおもっているところであります。

 

ハードコアチョコレートさん×みのもけんじの漫画「プロレス・スターウォーズ」
長袖は袖部分に主要人物を配置されててデザインがとにかくかっちょいいです!

↓こちらから購入できるのでヨロシクです!!
http://core-choco.shop-pro.jp https://twitter.com/minomawari/status/810837894076174336/photo/1

 

 2017年1月9日(月)

新年おめでとうございます!!
今年もまたヨロシクです!!

WWEでビル・ゴールドバークがいきなり13年振りに復活してブロック・レスナー  と対戦し、しかも2分もかからずスピアー二発のジャックハマー一発で見事ビル・ゴールドバークが勝利を上げたのであります!!

現在49才であります。

早い試合でしたがまだまだやれそうな体なのであります。

 

今後のレスナーとの絡みは楽しみなのであります。

圧倒的な存在感はさすがとしか言えないくらいカッコイイのであります。

プロレスにおいて今さらガチだのセメントだのと語る時代ではないのでありますから存在感(キャラクター)でしか観れなくなってきたのは時代なのでありますが、それでもガチだったらどっちが強いとか熱く語りたい今日この頃なのでもありますね(笑)

 

またそんな雰囲気を持ったレスラーが沢山出てきて貰いたいものでもありますがね。

強くて上手くて格好良くて客を呼べるレスラー。

 

ホントにプロレスファンは(自分だけか)贅沢なのでありますね(笑)

それにしてもレスナーはハンパなく受け身が巧いなぁと改めて思ったのであります。

て言うか、WWEの選手達はやはりみんな凄い受け身が巧いなと。

大きな体のレスナーがゴールドバークのジャックハマーを喰らいブレーンバスターの体勢で両足ピーンと綺麗に伸びあげるのであります。

勿論レスナーの巨体を持ち上げるゴールドバークもハンパないのであります。

で、さらにでかいビッグショーもレスナー同じくゴールドバークのジャックハマーで見事に抱え上げられ喰らってたのであります。

勿論持ち上げるゴールドバークも喰らうビッグショーもハンパないのであります。

今思えばジャイアント馬場さんもあの巨体で受け身はやはり超巧かったなぁとしみじみ思うのであります。

レイスやジュニア、ブリスコからのブレーンバスターやバックドロップを楽々と喰らってたものであります。

デビュー当時からだってテーズやキニスキーのバックドロップとかもかなり派手に喰らってたものであります。

その当時の選手達って軒並み190センチオーバーが当たり前の時代なのでありますからやはりその中でも超巨体で動けて受け身が巧かった馬場さんは当時のプロレスの本場アメリカでも重宝されプロモーターやレスラー仲間からも信頼されてたんだろうなと思うのであります。

デカくて大きい選手が飛んだり跳ねたりするだけでも凄いもんでありますからね。

 

しかし、今の時代の選手達もかなり受け身が巧くなってきてガンガン取りまくっているのであります。

皆さんホントに恐れ入りますがくれぐれも無茶をと思いますがそれがレスラーですもんね。

とにかくチビッコは絶対にマネしないよーになのであります(笑)

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.