みのもけんじのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2016年6月27日(月)

ウィークジャーナルも早いものでいよいよトリプルスリィ、333回なのであります。

トリプルと言えばトリプルエイチ…トリプルエイチと言えばWWE…WWEと言えばNXT…NXTと言えばヒデオ・イタミやシンスケ・ナカムラもいますが今回は華名ことASUKA選手なのであります。

NXT女子タイトルを無敗、最短で獲得し今回のニアジャックスとの防衛戦は実に見応えのある素晴らしい試合なのでありました。

またこの対戦相手が凄いのなんたって、まさに女・曙で凄い選手なのであります!!

日本マットでも曙選手と闘ったことのあるASUKA選手だから大丈夫だろうとは思ってましたが、やはり一筋縄とはいかずかなりの大苦戦!!

最後は素晴らしい蹴りからのスリーカウントで防衛したのであります!!

ASUKA選手の話では「もうホンマ男の選手と変わらず大変です」とのこと。

試合中や会見での時折出てくる関西弁の啖呵とかはスカーッとするのであります。

益々の御活躍を期待するのであります。

 

そしてそして先日21日後楽園ホールFMW興行に行って参りました!!

『最狂プロレスファン列伝』の徳光先生と『どげせん』の笠原先生やいつもの勝矢君達との観戦となり、しかも自分の隣にはなんとベッド・インのかおり女史が!!

ベッド・インと言えばツイッターでの長女の似顔絵をみてグッズ制作を依頼してくれて長女の制作したバッグまで購入して頂いたりしてくれているのであります。

しかも大のプロレスファンでありまして『プロレス・スターウォーズ』も愛読してくれてるのであります!!

さに親子共々お世話になっているのであります!!

そのお方とのプロレス観戦となり大いに盛り上がったのであります!!

特にFMWvsUWFのメインイベントでは大仁田厚のテーマ曲でウオオォォーッ!!となりUWFのテーマ曲ではブワワワヮヮーーーッ!!と大爆発となったのであります!!

ラストは大仁田選手がUWFの代名詞ともいえるチキンウィング・フェースロックで佐野選手からタップを奪ったのでありますが、船木選手への毒霧などで会場はヒートアップ!!

試合後の大仁田劇場でもさすがの大仁田厚なのであります!!

 

元気を貰い、かおりさんとのプロレス再会を約束し徳光先生と新宿ゴールデン街へといつもの朝までコースと相成ったのであります。

帰りの車中では携帯をなくすという大失態!!

一時間後には発見されなんとか命拾いをしていつものようにグタグタボロボロと自宅へとたどり着いたのでありました(@_@)

 

「15年持つ体が5年しか持たなくとも俺は朝までコースをやめないッ!!!」

 

ダア~ッ!!もうホントいい加減止めなさいって!!

 2016年6月20日(月)

 先週の土曜日にAJスレンダー川口さんに誘われて立川シネマシティツゥで開催された『ウルトラマン50周年~立川決戦~爆音大会』に行ってきたのであります。

その名の通りの凄い爆音でありましたが映画館のデカいスクリーンで画像も綺麗になってるウルトラマンやバルタン星人やウルトラセブンを堪能したのであります。

自分的にはセブンのアンヌ隊員のひし美ゆり子さんが可愛くて最高なのでありました。

上映後ゲストで来ていた高山善廣選手とお話しさせて貰ったのであります。

UWF対FMWの話とかノーフィアーの話とか、前回初対面の時は天龍さんの引退パーティーでご挨拶程度しかできなかったのでありますが今回二回目にして濃いお話をさせて貰ったのであります。

さすがに高山選手は会話が面白く上映会の中でもお客さんをプロレスネタを交えつつ爆笑を誘っていたのであります。

 

今週の21日火曜日後楽園ホールでのFMWvsUWF第三弾では遂に船木誠勝選手が高山選手達と共に有刺鉄線のリングに入り大仁田厚率いるFMW軍団と闘うのであります。

その観戦の為に広島から『最凶プロレスファン列伝』の徳光先生も来園するのであります。

これは待ったなしで行くっきゃないのであります!!

当日は後楽園ホールでファイアー!!なのであります。

 

更に東スポの柴田惣一氏とも席が隣りとなり初対面となったのであります。

柴田さんは上映後時間がなく慌ただしく帰っていきましたが次なる再会を約束し固い握手をかわしたのでありました。

次の日に柴田さんからメールを頂き嬉しかったのであります。

今度はじっくりとプロレス話をしたいものであります。

 

上映会の後にいろいろな方々と話したのでありますが、やはり怪獣映画やウルトラマンはプロレスなのであります!!

前田日明さんがその昔ウルトラマンを倒したゼットンを倒したる!と強くなろうとしたようにウルトラマンから実写版の?プロレスへと経過してきたのであります。

このジャーナルで以前書いたと思いますがゴジラが力道山でレッドキングがブロディでハンセンがキングギドラなのであります(そこはまぁ適当に各自銘々で…)

 

プロレスと怪獣映画とウルトラマン。

~嗚呼 素晴らしきかな、素晴らしきかな。

 

よくぞ男子に生まれけり!!~

 

話は変わり先日電車に乗っていたときのことなのでありますが、たまたまユーチューブで三上寛の『夢は夜ひらく~明日のジョーなんか嫌いだ~』を聴いていたのでありますが唄の途中のセリフのところで前から何度も聴いていたのでありますがそのセリフに電車の中にもかかわらず大粒の涙がこぼれ落ちこれはマズイと思いいかにも花粉症みたいな感じでやりすごしたのであります。

イヤー参りました。

皆様方も是非一度聴いてみてください。

もう45年くらい前の「三上寛の夢は夜ひらく」に30年?前くらいに新バージョンとして~明日のジョーなんか嫌いだ~を挿入してあるのですが「三上寛の夢は夜ひらく」は勿論昔から好きで格好良く良い唄でしたがこの~明日のジョーなんか嫌いだバージョン~は三上寛の格好良さがバッチリ決まっているのであります。

明日のジョーなんか嫌いだバージョンは唄ではなく詩の朗読なのであります。

その詩は突き刺さりラストの~明日を信じていたのなら  何故ジョーよお前は陽子を抱きしめなかったんだァッ!!~

ズドーンとと言うより鋭い槍やレーザー光線のような感じでピシィッ!!っと突き刺さったのでありました。

不意打ちで来るモノは防ぎようがないのであります。

 

そんな日々精進なのであります。

 

月9ドラマ『ラブソング』が終わりました。

 

視聴率が最低だのいろいろ言われてましたが自分的には充分に楽しませて貰ったのであります。

特にラストシーンはジンワリそしてニヤリと来たのであります。

脚本家はこのシーンが描きたくて創ったお話だったんじゃないのかなと思わず考えてしまう程に好きなラストシーンでありました。

まるでオードリー・ヘップバーンの『マイフェアレディ』の逆バージョン!!みたいな。

ラストでの福山雅治の「さくらさん、まだ現役なんだよ」

これまた突き刺さったのでありました(>_<)

よーし、アイトアイトーッ!!!

 2016年6月13日(月)

まだまだ土曜日締め切りが馴染まずしかも土曜日7時あたりは出かけたり浮かれたり?でついついジャーナルを忘れてしまい何人かは待っててくれてる皆様方には申し訳なく思っているのであります。

しかも忘れずに早めに書き上げていてもこれまたついつい送るのを忘れていることも何度かあり、そんな時はただただへこんでいるのであります。

もっと気を引き締めて行かねばと思うのであります!!

で、前回もついつい送り忘れたのでありました。

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

 

気持ちであります。

  
m(_ _)m

 

遅れ遅ればせながら『海街ダイアリー』をテレビで観たのであります。

なんだかアメリカのハリウッド映画のロードムービーみたいななんだかそんな感じがしたのであります。

是枝監督の映画のほんわか感は好きな人にはたまらない空間なんだろうと思うのであります。

この空間で飽きさせず作品を観せられるってのは良いなぁと思うのであります。

漫画でいったら誰の作品なのでありましょうか。

そんな漫画を一生に一度くらい描いてみたいのであります。

 

漫画と云えば小学生のときからなりたかった職業だったりする訳でありまして、それで大好きだったプロレスの漫画を描いてプロの漫画家になれたりしたのであります。

いきなり自分にとっては大きな夢が実現したのであります。

しかし人生そっからが長かったりするのであります(笑)

日々四苦八苦しているのであります(笑)(笑)

今現在進行中のプロレスモノを早く完成させねばと思っているのであります。

 

ホントに早く完成させたいのであります。

今暫くお待ち下さい楽しい作品にしたいと思っているのであります。

 

追伸~

偉大なプロボクサー、モハメド・アリが亡くなりました。

次々と偉大な人が亡くなってしまいます。

でも偉大な人は偉大な分だけ僕達の心の中に居続けるのであります。

     合掌

 2016年5月30日(月)

先々週土曜日かなり久方ぶりの新日本プロレス後楽園大会スーパージュニアを観戦してきたのであります。

もう後楽園ホール1階入口あたりから長蛇の列でありまして、それと隣の東京ドームでは氷室京介のラストギグで人人人のごった返しなのであります。

会場内に入るとバルコニー立ち見席までもがビッシリの超満員!!

さすがの人気なのであります。

さすがの人気と言えば最近なんだかプロレスラーのテレビ露出が多いのであります。

TBS日曜劇場『99.9』にオカタカズチカ選手や外道選手、フジテレビでは『OUR HOUSE』に高山選手も髪を黒髪にしてのレギュラー出演、そしてNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』にチンピラ極道役て村上和成選手とレスラーラッシュなのであります。

プ女子なる言葉が生まれてもあまりピンとは来てなかったのでありますが新日本プロレス後楽園ホールとか観ますとかなりの女子が観戦しておりました。

とにかくめでたいものであります。

女性と子供達が会場に増えることは良いことなのであります。

なんにしてもモットモット盛り上がって行って貰いたいものであります。

 

 

話は変わり先日TOKYO MXキネマ麹町で『信さん~炭鉱町のセレナーデ~』を見まして感動したのであります。

もう5年前の映画なのでありましたが全く知らず情けない気持ちになったのであります。

昭和30年代から40年代の話で原作者が自分と同じ年でありその当時の感じがしつこくなくしかもリアルにあっさりとあっさりと流れてまして話も極々普通に進んでいきまして、ラストも気負うことなく静かに静かに終わってゆくのでありますが、これがまた非常に心地良いのであります。

 

エンディングテーマが流れ出してきたのでありますが、何故か勝手に自分の好きな友部正人の唄が頭の中に流れてきたのでありました。

 2016年5月23日(月)

レッスル1に秋山率いる全日本が5月8日に乗り込んで行くのであります!!

まだ何にも判らない状況なのでありますが、何卒何卒この2つの団体抗争を続けて頂きたいのであります。

そして今こそ声高らかに申し上げたいのであります!!

今こそ『日本マットNWA構想』を!!

その昔々、世界のプロレス界はNWAが世界一の団体と言われていてNWAを中心に動いてました。

現在世界ナンバーワンのプロレス団体WWEはWWWFというニューヨーク近辺で活動してる言わば地方団体でありAWAもやはり規模的には小さかった団体でありました。

なんたってNWAは世界規模で運営されており加盟できるか否かが大きな関心事だったのでありす。

NWAのチャンピオンが世界最強となっていたのであります。

そのチャンピオンが世界中の参加団体を飛び回りそこのチャンピオンと世界一を賭けてタイトルマッチをほぼ毎日なくらいで敢行していたのであります。

そこで『日本マットNWA構想』と言いたいのであります!!

誠に勝手な話なのでありますが、単なる馬鹿な男の妄想なのであります。

 

これは仲間同士でかなり前から話していたり、このジャーナルでも何度か書いたとは思うのでありますが今しばしお付き合いのほどをm(_ _)m

要するに今で言えば日本一のプロレス団体は言わずもがな新日本プロレスであることは間違いないのであります。

そこのチャンピオンは今時点で内藤選手であります。

その内藤選手が日本一のIWGPタイトルを賭けて日本の主要団体の挑戦を受けて三ヶ月に1回くらいのペースで各団体を回ると面白いんじゃないのかなと言うのが『日本マットNWA構想』なのてあります。

シングルタイトルに限らずIWGPタッグだったりジュニアだったりトリプルだったり新日本プロレスの各ベルトを日本マットの全団体が挑戦するというのであります。

 

勿論それで新日本プロレスになんのメリットがあるのかと問われれば、そこはプロなのでありますから新日本やチャンピオンなりに招待すべく為のお礼、つまりは招待費なりファイトマネーが生じれば良いことなのであります。

まぁ、これもそれでお互いの団体にメリットがないと言われればナシな話であのででありますがね。

でも一度考えて貰っても良いのかと思うのであります。

 2016年5月9日(月)

遅ればせながらシンスケ・ナカムラのNXTの試合をYouTubeで観たのであります。

ショッピングモール?みたいな会場でありましたが最初から最後までシンスケ・ナカムラの世界でありましてなかなかのものでありました。

シンスケ・ナカムラの日本でもやってたいろんなムーブに笑う者もいれば「キャーッ!!」とか「イヤーッ!!」とかで反応するアメリカのファン達。

これから楽しみなのであります。

ヒデオ・イタミはホントいつになったら復帰するのでありましょうかね。

 

録画しておいたRIZINを観たのでありますが桜庭、所vsヴァンダレイ・シウバ、田村のグラップリングバトルは面白かったのであります。

その昔のリングスを思い出したのであります。

顔面アリの格闘技が増えた昨今でありますが、こういうグラップリングバトルも地上波で見せてもらいたいものであります。

打撃戦も勿論スリリングで面白いのでありますが、寝技の技術戦をジックリと観るのもやはり楽しいのであります。

寝業師vsキックボクサーとかの異種格闘技がその昔は主流だったのであり面白かったのでありますが、今は寝技も打撃も強くなければ王者となれない時代なのであります。

 

でもたまにはグラップリングバトルも見せてもらいたいのであります。

RIZINの無差別級トーナメントには把瑠都は出場するのでありましょうかね。

ところで藤田和之選手や鈴木英樹選手達が立ち上げた軍団はその後どうなったのでしょうか?

新日本や全日本、ZERO1やノアとか大日本とかには乗り込んでいかないのでありましょうかッ!?

ドラゲーとかDDTだったらもっと盛り上がったりして(笑)

 

長与千種さんがまた新団体を立ち上げたのであります。

その名は『マーベラス』

以前フジテレビでドキュメンタリーに出てダンプ松本選手達と試合したりしてた時の自分で経営してたスナックで話してた時の悲壮感漂ってた長与千種でありましたが、大仁田厚選手と組んだり今回の旗揚げだったり。

長与千種はやはりリングの“華”なんだと改めて思い知らされる程にその表情が光り輝いているのであります。

里村選手を育てたようにまた素晴らしいレスラーを育て上げて頂きたいものであります。

期待してます。

 

話はポーンと変わり近頃久し振りにテレビドラマにしかも何本も一辺にハマってしまい大変なのであります。

まずNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』それにフジテレビ月9『ラブソング』に日テレ『ゆとりですがなにか』と『お迎えデス』であります。

 

近年連ドラはなかなか続けて見る元気がなかったのでありますが、なぜかこの四本は楽しみなのであります。

見ればもうなんだか毎回毎回涙腺や鼻腺緩みっ放しできったない顔して涙鼻水ダダ漏れなのであります。

全作品の脚本が素晴らしいのは勿論の事、役者さんも演出家さんも素晴らしく、これはもう歳のせいとかではないのであります。

楽しいドラマにハマれることはなんて楽しい事なのでありましょう!!

 

テレビドラマがなんだか進化して来た感じだと思う今日この頃なのであります。

 2016年4月25日(月)

松山英樹選手がマスターズ二年連続のトップ10フィニッシュの7位でありました。

しかし本当に悔しいのでありました。

しかし、しかし、だがしかしッ!!

日本人でもメジャー取れるんだと思わせてくれたのであります。

 

お疲れ様でした。

 

いい夢ありがとう!!

 

し…しかしぐやじい~~~ッ!!

来年またヨロシクです!!

 

早く石川遼くんも復帰してもらいたいのでありますね。

2人でメジャーなんか争ったら最高なのであります。

 

ところで新日本プロレスがまた内藤選手によってレベルアップしたよーな感じあります。

なんと不動の王者と思われたオカダ選手からIWGPを奪取したのであります。

しかも真田選手を引き連れてきたのであります。

しかも、しかも内藤選手の鉾先はオカダ選手ではなくオーナーの木谷氏に向いてるのであります!!

ここでマジで木谷オーナーがマクマホンみたいに試合はせずとも受けて立ち他団体からの刺客を送り込むとかになってきたりしたてオカダ選手も黙っちゃなくて棚橋選手と連携してとか柴田選手がKENTA連れてきてとか鈴木みのる選手も杉浦選手か丸藤選手を引き連れてとかなんとかになっていったら…………………楽しいね(^_^)v

 

内藤選手と真田選手に期待大なのであります!!

 2016年4月11日(月)

ASUKA、NXTタイトル奪取おめでとう!!

無敗、最短でのタイトル奪取!!

素晴らしい!!

なにが素晴らしいってそのファイトスタイルが日本とほとんど変わらず貫けていることはホント凄いことなのであります。

 

是非とも今度の日本公演でもベルトを見せてもらいたいものであります。

 

シンスケ・ナカムラも素晴らしいデビューだったみたいで(試合をまだ観てないもので…)益々楽しみが増えて来たのであります。

 

ホントあとはヒデオ・イタミなのであります。

 

早く復帰してもらいたいのでありますね。

 

ここんところ随分と花粉症の症状が和らいで来てるみたいで楽にはなってきたのでありますが、よくよく考えればここんところ殆ど外に出てないのであります。

 

外出しなければそりゃ花粉も浴びないでしょうよ。

 

ここんところ自宅に籠もって仕事、仕事の日々なのであります。

 

早く一段落付けたいものでありますが、なかなか進まないのであります。

籠もって仕事してるといえば毎年4月あたまのゴルフのマスターズなのであります。

しかし松山英樹選手の力はまだまだ伸びしろ一杯なのであります。

なんたって今年の優勝候補の一人にもなっているのであります。

 

二日目もしぶとく強いゴルフを展開しておりまして只今1アンダー3打差の5位タイ!!

ホントに日本人初の優勝を決めてもらいたいものであります。

この調子で頑張れ松山英樹!!

 

月曜日朝が楽しみであります。

 

とりあえず今回は自宅に籠もりっきりのみのもでありました。

 

そう言えば来月にはかなり久し振りの新日本観戦なのでそれが今一番の楽しみなのであります。

 

一番の楽しみなのは観戦後の“反省会という名の一杯”が一番なのでもありますが(笑)

 2016年4月4日(月)

『一度は食べていただきたいおいしいあたりめ』

冒頭からなんのこっちゃの始まりでありますが、おつまみのナトリから出ているアタリメなのであります。

只今このアタリメにはまっているのであります。

まさにこんなの初めて~♬

 

なのであります。

 

そのままでも美味いのでありますが、マヨネーズ&醤油+唐辛子なのであります!!

 

マ・ヨ・ネーズ&醤油+唐辛子なのであります!!!

 

二回も言いたいくらいに美味しくハマっているのであります(^_^)v

こいつを芋焼酎で噛みシバき流し込むのであります。

 

木村佳乃ではないのでありますがまさに「んンーーッ、沁みるねェいッ!!!」
(≧∇≦)oなのであります。

 

皆さんも春の夜中にいかがでしょうか。

 

 

本日只今4月1日はNXTのシンスケ・ナカムラの記念すべきデビューの日。

ドカーンと一発やってもらいたいものであります。

ASUKAもNXT初のタイトルマッチ!!

あとはヒデオ・イタミのビッグカムバックなのであります!!

 

さぁ春です!

暖かくなってきました!!

春です!!

センテンス…いや、待ちに待ったスプリング・ハズ・カムなのであります!!

 

さぁ、外へでよう!!

 

部屋に籠もってばかりじゃなく春の日差しを力一杯、目一杯浴びて春の空気をおもっいっきり吸い込もうではありませんかッ!!!

 

さあ春ですッ!!

スプリング・ハズ・カ…
ブ…ブシヒイィィィーッ!!!

◦゜゜(p>д<q)゜゜◦

 

な、なンしよるんじぁあ?

 

花粉飛びまくりじゃあぁ!!(by千鳥ノブ)

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.