みのもけんじのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2016年3月28日(月)

まさかまさかの還暦でごじゃりますう(T-T)

先日3月22日を迎えまして還暦なのであります。

はぁ~(-_- )

出るのは溜め息ばかりかなm(_ _)m

はぁ~~(-_- )

いろいろと考えさせられるのでありますね。

 

還暦って言えばあぁた60な訳ですよあぁた(ちなみにあぁたとは貴方って訳で)

なんだろね、まさか自分が還暦だなんてね。

はぁ~~~(-_- )

ま、馬鹿でも生きてりゃ還暦なんてねハハッ…(T-T)

はぁぁ~~~~~(-_- )

見た目はジジイ、中身は中2!!

ハハッ…なんてね(T-T)

     ( ̄∇ ̄)

なんだか今朝方まで飲んでたせいか体バテバテで思考回路がへこんでおりまする     (▼皿▼)

しかしまぁ、還暦で朝まで飲んでちゃダメなんじゃね。

心一新!!

一心不乱!!

 

さぁ、仕事頑張ろう!!

 

はぁぁぁぁぁーーーーーーッ (´Д`)

 

とりあえずもう一回寝よ。

 

寝る前にもう一言。

 

 

還暦で朝まで飲んでちゃダメなんじゃね(T-T)

 

(そりゃそうじゃぁbyノブ)

 2016年3月21日(月)

一週間前に二年定期のゴルフ漫画の連載が終わり、さてどーしようかなと思っていたところ二年越しのプロレス漫画の企画がGO!となり久々に燃えている今日この頃なのであります。

今年後半までには完成すると思うので楽しみに待って貰えれば嬉しいのであります。

それと残念な話がひとつ。

ていうか、まだなにも発表してなかったので皆さんには何でもないのでありますが来月4月16日にトークショーなんぞを企画していたのでありますが準備が追いつかず延期となったのでございます。

勿論ハッキリと決まり次第発表させてもらいますのでヨロシクなのであります。

 

そのトークイベントは自分だけじゃなく有名なレスラーやらライターさんや芸人さん達も出る楽しそうなイベントだったので決まってくれれば楽しくなりそうなのであります。

 

しかししかし、だがじがじッ!!

この時期の花粉には毎年散々なめにあってるのでありますが、今年はまた特に酷いありさまなのでありまズブズブズズズゥ~~~(x_x)

会う人会う人に「花粉…?」「大…丈夫……?」と言われるくらいもう見た目が花粉症なのでありまズブズブ~~(x_x)

まずマスクは勿論でありますが、帽子とメガネとマスクでそのほとんどの顔を隠しているのにもかかわらず、まず両目が涙でボッロボロ(@_@)

そんでマスクの紐の両サイドのほっぺたはザッラザラ~(x_x)

おまけにマスクから僅かに出てる眉間やオデコや耳が荒れてて真っ赤っかなのでごじゃります~~~~~ッ!!

     (x_x)

 

ヒイィィィーーーッ!!

 

も…もう、やめてェ~~ッ!!!

の横山弁護士状態なのでごじゃりまじゅう~~!!(x_x)

 

し、しかもッ今朝方見たテレビによると今年の花粉飛来(そ…その、飛来って言い方やめ~いッ……!!)は例年の(二~三日前は1.5倍だったのがいつの間にか)2倍でまだまだ今からが本番(ほ…本番なんて言い方もやめいッ!!)でありまして。

ほんでもってその花粉飛来の映像をガンガン流しているのであります!!

そ…その映像もやめい~~~ッ!!!

 

千鳥のノブ風で言うと、「もう追い討ちはええんじゃぁ!!」

「映像もうええんじゃぁ!!」

     (>o<)

 

花粉症でボロボロの者にはその花粉飛来の映像がいっちばん嫌なんじゃ~~~~ッ!!!

お~~い、おいおい(ToT)

 

な訳で皆さんごきげんよう
(*_*)

なのでごじゃりまズズズゥ~~~(▼皿▼)

 2016年3月14日(月)

前回のジャーナルでお話してました新宿二丁目タントラプロレス会に参加して来たのであります。

定期的に新宿二丁目の『タントラ』でワイワイガヤガヤとプロレス話をしているとのことで皆さんとても楽しく歓談しているのであります。

途中からはプロレスリングWAVE、ASUKA PROJECT所属の女子プロレスラー小林香萌選手も参加して大いに盛り上がったのであります。

皆さん「プロレス・スターウォーズ」を読んで頂いて貰ってましていろいろと楽しかったのであります。

終盤には1月に『最狂 超プロレスファン烈伝』の徳光康之先生との飲み会でお会いした映画監督のナリオさんも駆け付けて来て益々楽しく歓談したのであります。

そしてそして毎度毎度のゴールデン街朝までコースとなり電車乗り越し自宅到着昼過ぎパターンなのであります。

今週は24日ゼロワン新木場大会ゴールデン街朝までコース、26日は京都のときの友達夫婦とのゴールデン街、そして27日『タントラプロレス会』ゴールデン街朝までコースとかなりハードな日々なのでありました。

花粉症と薬アレルギーとが重なり顔は涙目、鼻水、くしゃみに咳込み、肌荒れともうボロボロなのでごぢゃりますう(x_x)

体力不足を嘆きつつの運動不足( ̄∇ ̄)

このままボケ老人になっていくのかと(T-T)

この時期は益々出不精となりつつの日々(酒のみならガンガン出歩くのでありますが)

まぁボチボチ運動でも…~ズズ…とコタツで背中丸めて茶をすする~お粗末

 2016年2月29日(月)

2/24、行ってきました久々の新木場!

そしてZERO1!!

いや~ヤッパリZERO1は渋くてガンガンでありました。

もっともっと注目を浴びていってもらいたいものであります。 

 

大谷社長と鼓太郎選手とのタッグながらの初試合はこの後の展開が待ち遠しいコンタクトでありました。

そして自分的には一番期待していた初生鈴木秀樹選手であります。

均整のとれた190センチオーバーでの素早いムーヴ!!

場外で自分達の目の前で同じ大型選手の佐藤耕平選手に瞬時で決めた変形卍固め!!

惜しむらくはもう少し佐藤耕平選手との絡みを観たかったのとジヤーマンを観たかったのであります。

 

しかし、これはこれでまたひとつうれしい楽しみが増えたということなのであります。

みんなの話を聞くとかなりのものであるとか。

ワクワクドキドキなのであります。

それで当日のメインエベント。

関本大介選手vsライディーン選手の30分1本勝負!!

これがまた流石のゼロワンリングのメインエベントであります。

そりゃもうヘビー級の二人の肉の塊の真っ正面からのぶつかり合いド突きあい!!

試合中に何度もシーンとなる場面があるのでありますが、それは決して試合がつまらないのではなく2人の余りの凄さと緊張感でまさにお客様が息をのんでいるということなのであります。

ワーワーキャーキャー騒ぎながらの試合も楽しいですが、こういう重厚な迫力の試合もまたすごいものであります。

いや~いい試合観れました。

次回ZERO1は3/6に後楽園です。

かなり面白そうなカードがピンナップされてます。

橋本大地選手が大日本からの参戦もあるのであります。

大谷、田中vs佐藤、関本なんてカード聞いただけで絶叫間違いなしであります!!

皆さん是非是非ZERO1を堪能してください!!

 

ZERO1は決してファンを裏切りませんッ!!

 

そして、この日も新木場→新宿→朝までゴールデン街と相成り「神座」ねぎラーメンで締めとなったのであります。

そしてそして毎度毎度の西武電車の往復便を経ての昼前自宅到着なのであります
(T^T)

追伸
それはそうと、試合の後で鈴木選手とお話をさせてもらったのでありますがプロスタを読んでくれてるとのことで嬉しさ倍増なのでありました。

追追伸
IGFで藤田選手が「IGFはブーイングするところなんだ!どんどんブーイングしろーーッ!!」とアジって喝采されたとか。

鈴木秀樹選手や将軍岡本、カシンなんかと藤田軍団を立ち上げ「俺達をリングに上げる団体はねぇのかアァッ!?どこでもいってやるぞッ!!」

初めて藤田選手のセリフにビビンッと反応いたしました。

これからの藤田軍団に期待してます。

もっともっとハッチャケロッ、藤田ーーーーーッ!!!

本日2/26、夜7時より新宿二丁目のタントラプロレス会に参加しようと思っております!

それはまた次回のジャーナルで。

 2016年2月22日(月)

前回のジャーナルで話ましたが、行ってきました天龍選手引退記念パーティー!!

とてもいい雰囲気のパーティーでありました。

ゆでたまご嶋田さんの紹介で知り合ったOさんとその息子さんや三遊亭圓楽師匠に元芸人さんの松竹梅の梅ちゃん達とパーティー開始前にロビー横の喫茶店で駆けつけビール。

くわ~ッ!!

昼間のビールは体に染み渡るもんなぁ~クゥ~ッ!!

で、パーティー会場へと。

受付口で順番を待ってますと、高山選手がドーンといましてとりあえずご挨拶。

どーにか自分のことは知っててもらえたようでホンのご挨拶みたいな感じで会場内へ行きますと。

広い会場には立食ということで皆様方はテーブルを囲みボチボチビールとかやって談笑してまして、その前列一番前のテーブルには御大坂口征二さんとザ・グレート・カブキさんが椅子に鎮座しましており何やらはなしております。

そこへアニマル浜口さんがいらしてなんと前田日明兄ィまでが!!

頃合いをみて前田さんにホントにもう三十年振りのご挨拶。

前田日明さんの自伝的漫画『獅子の時代』をもう少し描きたかったけど「月刊フレッシュジャンプ」の休刊となり志しなかばでの終了となったことの三十年越しのお詫びとまたプロレス界に今一度戻って来てはくれないものかと懇願してはみたのでありますが。

 

「俺はもういいですよ(苦笑)」

ならば前田さん自身の復活は?

「だって俺53ですよ(苦笑)」

初めから返ってくる答えは分かっていたのではありますが三十年振りに前田さんと話が出来て感無量でありました。

そこへ浜口さんが。

もちろん『プロレス・スターウォーズ』のことは知ってはないのでありますが浜口さんも描かせて貰ったことと弟子のZERO1の大谷社長にいろいろお世話になっていることなど暫し歓談させて貰ったのであります。

そして最後はやはり本日の大主役の天龍さんとのこれまた三十五年振りのツーショット!!

さすがに天龍さんもプロスタのことはうろ覚えでありましたが圓楽師匠達との会話でほのぼのと端っこでお供させて頂き楽しいパーティーは終了と相成ったのでありました。

 

こんな感じの楽しい楽しいパーティーでありました。

あ、そうそう会場にはリッキーフジ選手も来ておりましてプロスタを愛読していてくれたとの嬉しい話も頂戴して会場を後にしたのでありました。

さあ、来週は24日新木場ZERO1!!

久々の大谷社長であります。

大谷社長が元NOAHの鈴木鼓太郎選手とのジュニアタッグタイトル戦!!

 

そして念願の鈴木秀樹選手が観れるし、しかも佐藤耕平選手とのタッグ対戦!!

またまた期待に胸が膨らむのであります!!

 2016年2月15日(月)

先週からジャーナルの締め切りが1日早まり土曜日夜10時になったのであります。

締め切りは何でも早いとイヤなものであります。

でも締め切り締め切りと忙しく仕事してるのは大変だけどありがたいものであります。

もう少し、イヤもっともっと沢山仕事をしたいものであります。

只今ひとつふたつと面白そうな企画が進行中でありますが決まり次第連絡させてもらいたいのであります。

プロレスっちゃプロレスでありますが、これからどう進展していくのか楽しみなのであります。

マンガ雑誌も年々その数が少なくなっていて漫画家も熾烈なサバイバルなのであります。

逆に急速に伸びて来てるのが電子書籍であります。

電子書籍でもいろいろ仕事があればいいのでありますが。

 

それはそうと本日只今2月13日土曜日14時10分なのでありますが、これより目白のホテルにて天龍選手引退記念パーティーのお誘いを急遽受けましたのでバタバタとしているところであります。

何せパーティーとか不慣れなもんでして、どんな格好が良いのか悪いのか。

立食らしいので堅苦しい格好はどーなのか。

だからといって砕けすぎるのは失礼だろーし。

なんやかんやなのであります。

 

その模様はまた話があれば来週のジャーナルで御報告させてもらいたいのであります。

さぞやいろんな方々が来ていることでしょう。

楽しみなのであります。

乞うご期待!!

 2016年2月8日(月)

先週のおおひめさんのジャーナルでいろいろとプロレスファンとしてのスタンスを問われていたので一言二言。

だからと言ってこれはおおひめさんに物申すとかじゃ全然ないので悪しからずm(_ _)m

 

そもそもプロレスとは何ぞや。

と、そんな大袈裟なことなんかじゃありません。

プロレスはプロレス。

それを楽しむのがプロレスファン。

ただそれだけですよね。

前回も書いたけどプロレスファンに勝ちも負けもないでしょ?

はい、プロレスファンに勝ちも負けもないです。

プロレスファンに上も下もないでしょ?

はい、プロレスファンに上も下もありません。

利口なプロレスファンも馬鹿なプロレスファンもないでしょ?

はい、馬鹿なプロレスファンも利口なプロレスファンもないです。

好きな時にプロレス語って、喋りたくない時は語らなくったっていいでしょ?

はい、喋りたくないときは語らなくっていいです。

好きな選手だけ応援してていいでしょ?

はい、勿論好きな選手だけ応援してていいですよ。

自分の場合は大好きだった選手が次々に亡くなったり引退したりがあまりにも多くてプロレスを前ほど語らなくなっているのであります。

亡くなった馬場さん、ジャンボ、三沢さん、そして引退された前田さん、田上さん、川田さん、小橋さんに天龍さん。

めちゃくちゃの喪失感。

自分の信じたプロレスを見せてくれたレスラーがいなくなった現実。

とは言っても今でもプロレスファンはプロレスファンであります。

プロレス喋りたけりゃ喋ればいいし、喋りたくなければ喋らなくていいのであります。

おおひめさんは今のままで大相撲を好きな時に喋って、好きなときにプロレス喋ればいいのであります。

それでいいのであります。

自分もこれからだってそうしていくつもりであります。

どーか自分のことは嫌いになってもプロレスの事は嫌いにならないでくちゃ○☆※★イッッ…!!!

…ていうか、この文章だけ読んだら自分がヤバイ奴みたい(笑)

まさに一人相撲ではなく、独りプロレスなのであります(笑)

そんな訳でこれからもみんなでプロレス楽しみましょう!!

なんだかもう何がなんだかの支離滅裂m(_ _)m

………なのであります(笑)

 2016年2月1日(月)

寒い日が続いていますがご機嫌…イヤ、体調はいかがでしょうか?

年を取れば取るほどに体調や病気の話がやたら増えてくるもんなんだなと思う今日この頃なのであります。

来月2月24日には久し振りにZERO1新木場ファーストリング大会に行こうと思っているのであります。

鈴木秀樹選手がたのしみなのでありますが、果たして出場するのでしょうか。

実を言うと未だに鈴木選手の試合をみたことがなく、どんな動きをするのかさえもわかっておらず必殺のダブルアーム・スープレックスも写真でしかないのであります。

ただ今現在では最も気になっている選手なのであります。

大型であのスネークピット・ジャパン出身でビル・ロビンソンにキャッチを習ったという191㎝110㎏の久々の本格的大型プロレスラーってかんじなのであります。

当日に佐藤耕平選手との絡みの試合が組まれれば最高なのでありますが。

そしてジュニアヘビー級に体を絞って闘っている大谷社長もまた楽しみなのであります。

勿論田中将斗選手の素晴らしいプロレスも楽しみなのであります。

 

ヤッパリZERO1には素晴らしい選手が揃っているのであります。

モットモットZERO1に脚光を!!

なのであります。

 

しかし前回のジャーナルでも書きましたが、本当にこの日本には沢山のプロレス団体とプロレスラーがいるのであります。

こんな小さな日本なのに、全国で毎日のよーに会場は大小あれど、どこかでプロレスをやっているのであります。

日本全国いつでもどこでもジヤーマン・スープレックス・ホールドにドロップキップなのであります。

巷では何やら『プ女子』なるものが脚光を浴びているのであります。

プロレスの話が出来る女性が増えてくるのはうれしいものであります。

日本全国至る所でプロレス話に花が咲く。

 

楽しいじゃありませんか。

自分達の若い頃は新日本プロレスと全日本プロレス、国際プロレス3団体しかなくそれはそれは白熱の討論バトルでありました。

いわゆる馬場派、猪木派であります!!

馬場派か猪木派でその人の人生や生き方にまで話が及んで来たりしてそりゃぁもう「何なんだこりゃあ~!?」の世界でありました。

最後は殴り合いにまで発展したとかしないとか………(笑)

まぁそんな過激なファンの野郎共ばかりでありました。

だからホントに女性ファンが増えることは良いことなのであります。

女性ファンにはプロレスの見方もいろいろ教わる事も多いのであります。

見る感覚がやはり男とは視線も変わっているのであります。

そんなプ女子の方々とプロレス話で盛り上がりたいなぁと思う今日この頃なのであります。

テハハ………(^_^)ゞ

 2016年1月25日(月)

朝晩死ぬほど寒くなってきた今日この頃なのであります。

もう、雪は止めてェェーッ!!!(by横澤弁護士)

先日の「最狂 超プロレスファン列伝」徳光康之先生との飲み会でなんだか同志凸凹編集長を怒らせてしまったかイヤな思いをさせてしまったようなのであります。

またこれに懲りずに末永くのお付き合い何卒何とぞなのでありますm(_ _)m

凸凹編集長にプロレス熱が冷めてきてるんじゃないの?なんて言ってたみたいなのでありますが、それは自分に向けての言葉であったのかも知れないのであります。

馬場さんが居て猪木が吠えてデストロイヤーが肩なびかせ歩けばマスカラスがピョンピョン跳ねる。

ドリーとテリーが回転すればブッチヤー、シークが目玉ギョロギョロ。

ハンセン、ブロディ、ジャンボが叫べば長州、藤波、天龍が拳を突き上げ、前田が跳べば高田、船木が駆け抜ける!!

武藤が跳ねれば三沢、川田がド突き合い!!

橋本も叫べば蝶野も吠える!!

そんな魂を燃やし続けていた昭和プロレス!!

あの頃には帰れないのは重々承知なのであります。

あの頃の思いも今の自分が輝いていてこそ輝くものかと思うのであります。

しかし、世の中そうそう思いどーりにはいかないものであります。

過去に思いを馳せよーがそれはそれぞれ自由な訳で、今のプロレスを存分に楽しめるならばそれはそれで良し、今イチ乗れないのであればそれも良しなのであります。

それぞれが、それぞれに自分のプロレスがあるのであります。

共有できれば尚嬉しく、出来なれば出来ないでまた楽し、己のプロレス究めれば良しなのであります。

プロレスとはなんでもありのオモチャ箱、プロレスとはルチャリブレ、自由への戦いなのであります。

ストロングスタイルや王道プロレス、女子プロレス。

デスマッチにルチャリブレ、四天王プロレスにUWF…等々。

好きなプロレスもあれば大嫌いなプロレスもあるのであります。

大好きなレスラーがいれば、大、大、大嫌いなレスラーもいるのであります。

好きなものがひとつでもあれば最高なのであります。

好きなプロレスで話が盛り上がればそれはそれで最高なのであります。

自分のプロレスが最高であれば、自分のプロレスは最低なのかも知れないのであります。

プロレスに勝ち負けはないのであります。

好き嫌いはあっても勝ち負けはないのであります。

とりあえず好きなプロレスで楽しめればそれが最高なのであります。

プロレスは流れる水の如し、ジャズにはジャズを。

タンゴにはタンゴなのであります。

そんなプロレスに己の元気が負けてきているのかも知れず凸凹編集長に敢えて口にしたのであります。

ここで遠藤賢治の『夢よ叫べ』の一節をプロレスに置き換えて

~お前がやらなきゃあのプロレスは欠片も瞬かぬ そんな夜に負けるな友よ プロレスよ叫べ~

現在、過去、未来とプロレスに元気を貰い続けていたいのであります。

それにはやはり友であり同志なのであります。

今現在の若いプロレスファンなのであります。

ライブなのでありますッ!!!

良き友、良き同志、良きファンとライブで語り合うことこそ至高の一時なのであります!!

まさに最狂プロレスファンなのであります!!

またいつでもいつまでも、みんなでワイワイ、ガヤガヤ、ドカドカ、ガンガン、バチバチとプロレスしたいもなのであります。

これからもヨロシクなのであります!!!

 2016年1月18日(月)

新年二回目でありますが、新年早々いろんな方面から大ニュースばかりなのであります!!

北朝鮮水爆実験成功だのベッキー不倫、SMAP解散騒動、北川景子結婚、軽井沢バス事故等など。

そのニュースを置いて?でもプロレスファンにはやはり中邑真輔選手のWWE移籍ニュースなのであります。

詳しくは分からないのでありますが、新日本とWWEとの提携とかではなく中邑選手の単独移籍?ということらしいのであります。

つまり今年1月31日をもって新日本との契約を解除してのWWE挑戦ということなのであります。

WWEといえばKENTA選手や華名選手が只今NXTで頑張っていますが二人ともそれぞれリングネームをヒデオ・イタミ、ASUKAと変えての出場となっているのでありますが(それはそれでファンとしては淋しいものなのでありますがWWEでやる以上致し方ないのであります)中邑真輔選手にはどんなリングネームになるのか楽しみなのでありますし、どんなキャラクターでどんなファイトをするのかも期待したいのであります。

あのクネクネとイィヤオッ!!!はやるのか、逆に新日本との関係でやれないのかどーなのかも楽しみなのであります。

今までの真輔でいてもらいたいのか全く新しい真輔になってもらいたいのかでいったら、これまでさんざんことあるごとに真輔選手にはクネクネをやめてドリー・ファンク・ジュニアみたいな渋くて強いファイトスタイルを目指して欲しいと切望していたのでありますが長年クネクネをやられていると味を覚え、まぁこれはこれで良しとしなければと思い始め遂には新日本での女性ファンナンバーワンとなったのであります!!

今の真輔ファンとしては今まで通りのクネクネスタイルの真輔をWWEで観たいものであるのでしょうね。

まぁしかし、これも全てWWEの決める事なのであります。

早く世界ナンバーワンのWWEマットでのニュー真輔をみたいものであります。

 

変なキャラだけは勘弁してもらいたいのでありますがWWEのマットではとんでもないキャラが意外なとこで爆発的な人気を得たりしているのも多々あるのであります。

人生と同じくなにがあるのか分からないのもプロレス。

人生一寸先はハプニング!!

とにかくみんな頑張れーーーッ!!!

………な今日この頃なのであります。

 2016年1月11日(月)

2016!!

皆様新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年が皆様にとって良い年となりますよーにであります。

さぁ新年一発目のジャーナル行ってみよう!!

今年は新年早々楽しい事がありました。

1月10日、つまり昨日のことであります。

なんと「最狂 超プロレスファン列伝」の徳光康之先生と新宿はゴールデン街で会ってきたのであります!!

「最狂 超プロレスファン列伝」とは昭和プロレス真っ盛りの頃、「プロレス・スターウォーズ」と同じくらいの時期に『月刊少年マガジン』で連載されていたタイトル通りまさしくプロレスファンの為のプロレスファン達の思い入れたっぷりの漫画なのであります。

その初対面である徳光くんと五、六人のプロレス仲間たちとゴールデン街でプロレスを大いに語ってきたのであります!!

締切ギリギリでの初対面でありましたが見事朝までゴールデン街なのでありました。

それにしてもなんと楽しい飲み会てありました。

徳光君の話は面白くついつい朝まで飲んでしまいました。

徳光君はこれから大阪でトークライブに行くとか。

まさに元気一杯なのであります。

こちらはグダグダと自宅へと帰ってる途中なのであります。

しかし昭和プロレスの話は尽きないのであります。

ふと気が付けば本川越!!

 

またまたこの大変な時にの乗り越しなのであります!!

全く情けないの一言!!

全くの骨身に沁みる大馬鹿ヤロウなのであります(T^T)

クタクタと所沢で乗り換え我が家へと帰る車中なのであります。

と言うことで今年も大馬鹿野郎の波乱の一年と相成りまする。

 

何卒今年もよろしくお願い申し上げまするm(_ _)m

なのであります。

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.