みのもけんじのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2012年3月26日(月)

先週火曜日深夜なんとか無事?ラジオ日本「真夜中のハーリー&レイス」に出演して来ました。

慣れないことはホント慣れないもので(笑)

手練の清野アナとの対決は一応引き分けだったのですがセコンドについてくれたマサル氏によればウーロンハイという凶器を繰り出した為の反則負けではないかとまさかの身内からのアピールがあり、まぁそれはそれで致し方ないと思う次第であります(笑)

しかしラジオとかは関係なくプロレスの話をするってホント楽しい事なんだといろんな人と話す度につくづく思います。

どんなジャンルでもそうなんだろーけど、プロレスの見方や好きなレスラー、団体、好きな技なんかでもその人の個性があり、プロレス話も花が咲き、アレもコレもの風車の理論だの最強レスラーはだの壮大なプロレスロマンを大宇宙まで拡げ、決まって最後は親日派、全日派からの~馬場派、猪木派とでの嫌~な感じで夜も明けるってな感じでした(笑)

でも、これまた楽し!

自分達のいろんなプロレス話をそれぞれが持ち寄って、機会があればちょいとプロレス話をね!

 2012年3月19日(月)

このサイトでもお知らせしてたよーに明日20日火曜日深夜3時からラジオ日本の「真夜中のハーリー&レイス」に出演するよーになりました。

なにぶん人前とかがかなり苦手なもので、この話を番組司会者の清野アナウンサーからオファーが来たときから緊張してたのですが、もう引き受けた以上後には引けず明日リングインしてきます。

この話を紹介してくれたゆでたまご嶋田さんにも気合いを入れられ何を喋ればいいのやらアレコレ悩んではいましたが、それも明日で終わるのです(笑)

とにかくトークのプロに身を任せる術しかないのです。

少しくらいはお酒をひっかけてもいいとの事なんですが、これまた際限なくひっかけたらどーしようとかまたもアレコレ(笑)

馬鹿やらないよーにとか悩みは果てしなく…(苦笑)
とにかく後はやるっきゃないのです。

どーか温かい目で、耳でしばしお付き合いして頂けたらとまたもアレコレと(既に疲れ切っておりますが)

楽しいプロレス話をしてきます。

みのも行きます!!

 2012年3月12日(月)

新生・新日本プロレスが走り出した。
ニューヒーロー・オカダ・カズチカを打ち出し新旧のプロレスファンを巻き込み怒涛のラッシュを見せてくれている。
オカダには更に更にふてぶてしく“金の雨”を降らして貰いたい。
棚橋・中邑・後藤世代は黙ってはないだろうし、永田・真壁さらにはテンコジはどう絡むのか!?
まさに新生・新日本の船出にオカダはハマった。
その余波とは言い切れないが全日本とノアの急接近ぶりがまたなんとも嬉しいものである。
マイバッハだって動き出したんだ!

なんでも進んでやらなきゃ何事も、人の心も動かないのです。

よーし!まずは己の部屋の掃除から(だから、さっさとやれッつーの!)

だあぁァッ~ッ!!!

 2012年3月5日(月)

3/2ZERO1後楽園大会はかなりの盛り上がりだったと観戦した友人からのメールで聞きました。

ていうか〈ZERO1の大会に外れなし!〉

ホントいつでも熱くさせてもらえます。

しかしメインの大谷・大地VS健介・中嶋の一連の試合前からの当人達によるコメントが久々に熱くさせ、尚且つ試合後の蝶野からのそれぞれ四人のコメントに試合は見れなかったがかなり泣けました。

なんかホント久々にジ~ンと胸打たれました。

あぁプロレス最高!

覚悟するって、なんてカッコイイんだろ!

負ける事は恥なんかじゃない!

何度でも立ち上がるからこそプロレス最高!!

そうだよね?

そう…だよね?

ウ…ウン、ウン(涙)

 2012年2月27日(月)

マイバッハ谷口?

谷口が生まれ変わるならばマイバッハ(?)だけでいいんじゃないかとツッコミ入れたのは自分だけではないでしょう(笑)

マスクマンていうのは考えてもいなかっただけに惜しいというか…。

とにかくつべこべ言わずに見守りましょう。

つべこべ言わずに見守るしかないのです。

つべこべ言わずにカズチカ見守りましょう。

元気モリシー見守りましょう。

三冠秋山見守りましょう。

だがしかし  ヤッパ見守るだけじゃつまんない

見守るだけじゃプロレスじゃない。

見守ってばかりじゃプロレスしてないんじゃね?

ヤッパつべこべ言わなきゃプロレスじゃなくなくね。
ヤッパガンガンつべこべ言わなきゃプロレスじゃないよ!

オールトゥゲザーヤッパまだまだ何回も見たいし対抗戦でガンガン見たいッスよう~ッ!!!

 2012年2月20日(月)

新章に突入した新日本プロレス!
棚橋、中邑で牽引してきた新日本が若きチャンピオン、オカダ・カズチカの出現により大きく変貌しようとしている。
さしづめオカダはレジェンドキラー・ランディ・オートンと化し新日本…いや日本マット界を席巻していくのであろうか?
オカダに舵を任せたのかは判らない。
しかしオカダの伸びしろは凸凹プロレス編集長さんやネプチューンマンさんの言ってたように成る程充分過ぎる程に納得できた。
これから内藤や中邑、棚橋、永田、真壁達がどう絡んでくるかをアレコレ楽しめるよーにした新日本は熱くなりそうです。

その後にテレ朝でやってたトリオ芸人の闘いもまたプロレスでした(笑)

ところで「AT2」はこのコラムを書いてる今現在(2月19日20:15)仙台でやってる訳で…うう~ん、早く見たいよう~ッ!!

この後のスポーツニュースとかでもやんのかなぁ。

 2012年2月13日(月)

ツイッターでプロスタ_ボットなるものが始まり楽しく見ています。

いや~しかし、ホント懐かしいの一言で片付けられないモノがありますね。

そのセリフを見ただけで一瞬にタイムスリップしてあの頃の自分に戻り、締め切りやら、担当編集者とのやり取り、流行りもの等などいろんな事が思い出されてきます。

または、あの頃の自分はそんな事考えていたのかとか。

ただ思うのはやたらめったら熱かったなぁと(笑)

自分のありったけ全部で勝負していたんだなぁと(笑)

そんなプロスタを見ていろんな人が今だに楽しんでくれています。

        m(__)m

 2012年2月6日(月)

2/3全日本後楽園大会観戦!
ホントに久しぶりの全日本観戦、ノア・新日本・大日本・DDTとオールスターさながらの参戦もあり立見席までビッシリの超満員。
やっぱりどこの団体でもビッシリ超満員ってのはホント気持ちがいい。

観客の期待度マッチはやはりメインの三冠戦、秋山・大森だったように思われる。
二人の全日本時代やノアを経ての再会。
リングで対峙した時にはやはり感慨深いものがありました。
試合となると秋山の貫禄勝ち!
だけど、だけどもそれが大森だったりもする訳(笑)だったりしますが、まだまだやれるぞ大森!
いつの日にか大爆発する時を期待してるぞ!
(こう感じさせるのもまた大森選手のひとつの魅力)
ただ永田に喧嘩売った河野はもっともっとガンガン行かねば稔と船木が泣いちゃうよ。
全試合を堪能しいつものプロレス仲間にトーキョートムさんも加わり終電で帰るつもりが話が弾み朝までトーク!
フラフラで帰宅した次第でありました。
それにしても観戦あとのプロレスミーティングのなんと楽しい事よ♪

さあ次は2/19仙台「AT」!!
しかしカードはどうなってんだ!?
こうなったら(どうなったら?)全団体が毎日プチオールスターでもいいんじゃねーッ!!

オオォーッ!!!

~ちなみに、ゴルフダイジェスト社より電子書籍「天才伝説」(作・坂田信弘、画・みのもけんじ)配信中!
こちらもヨロシクお願いします~

そんで近々「プロレス・スターウォーズ」の電子書籍も始まる予定ですのでその時はまた連絡いたします。

 2012年1月30日(月)

先日マサル氏と凸凹プロレス編集長主催の炎上プロレスサミットに乱入してきました。
我々のサイトによく参加してくれている凸凹プロレス編集長とトーキョー・トムさんに初対面のネプチューンマンさんの五人でガンガンガシガシと壮絶なるバトルを繰り広げたのでありました。
つくづく酒を飲みながらのプロレス話は楽しいもんだと思ったもんです。

しかし1/22ノア大阪大会のGHCタイトルマッチは潮崎と森嶋の覚悟が見れた素晴らしい試合でした。
いろいろ噂話やスキャンダルが噴出してはいるがやはりひとつひとつ凄い気迫の試合を積み重ねて行くしかないのです。
ひとつひとつ積み重ねてそれが伝説となりファンを引き付けていくのです。
ホントひとつひとつ。
これからのノアに期待が持てた大阪大会でありました。
それにしても解説の力皇はなかなか良い感じでしたね。
これからもやってもらいたいものであります。

さあ次は2/3全日本後楽園大会!
大森頼んだぞッ!!

 2012年1月23日(月)

2/3全日本後楽園大会での三冠戦が楽しみである。
王者秋山に挑戦者大森!
なんとも感慨深い試合ですがプロレスは今こそ全て!(あえてそう言わせてください)
常に今が勝負なんだと思うし、今の二人の新しい感情大爆発の試合を見せて貰いたい!(秒殺とかはヤメテヨネ)
船木の離脱は本当に痛いが今年の全日本はなんだか精力的に動いているようだ。
どの団体を問わずフレッシュで力のある選手がかなり増えて来ていますよね。
今こそ日本マット界も'60年代のアメリカマット界みたいな各テリトリー大盛上がりのNWAチャンピオン構想になる時期に来ているのではと思うのであります。
60年代から70年代にかけて全盛期であったNWAの世界チャンピオンが文字通り世界のNWAの各テリトリーを廻りタイトルマッチを繰り広げていた形態があった訳で、その形態を今の日本マット界でやったらどーかと思うのです(なんだか同じ事を何回もスミマセンが…)

要するにレスラーには闘う相手や大義が必要な訳であります。
団体が多過ぎると云うならば、とりあえずは新日本と全日本とNOAHの「AT」でやってくれればと日々妄想しているのです。
それから、デビュー10周年を過ぎ現在油の乗っているZERO1の佐藤耕平選手と崔領二選手の二人には他団体の選手達との試合を沢山観せて貰いたいなぁ(大谷社長ヨロシクお願いしま~すm(__)m)
本日大阪で行われているGHC、しかし潮崎には勢いづく森嶋からタイトルを守ってこその王者だと言いたいが果たして!

今年の初夢で縁起物の富士山を初めて見たのだが、その富士山が大噴火してしまったのでいいのか悪いのか……ムム…ムムムムッ!?
い、行けばわかるさ、バカヤローーーーーッ!!!

 2012年1月16日(月)

真樹日佐夫氏が亡くなって「タイガーマスク」の実写版映画はどうなるのだろうか、楽しみにしていたから気になります。

実写版「キン肉マン」なんか実現したらどーなるんだろーね。

それこそいろんなバトルシーンは見物だよね。

実写版「プロレス・スターウォーズ」(笑)

 2012年1月9日(月)

新年明けましておめでとうございます。

今年もヨロシクお願いします。

新年早々プロレス界は燃えてます。

ZERO1元日決戦を皮切りに恒例の2日3日、全日本後楽園大会。

そして4日の新日本東京ドーム大会等々。

なんだか今年はプロレスが真っ白です。

真っ白な頭にいろんなプロレスを1から詰め込められたならと思います。

そんなプロレス一年生ですがヨロシクお願いします(笑)

とりあえず今は全日本の大森選手の大ブレークに期待してます!

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.