みのもけんじのページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2011年8月29日(月)

『ALL TOGETHER』も終わりさぞ盛り上がった事だろう(今現在8/27日11:13)
このコラムがアップされる29日にはG+でも観られてる訳だが。
今回の大会はあくまでも震災への復興支援!
ならば今回一回で終わりなんて事じゃないはず…ですよね?
今回のカードはそれはそれで顔見せ的な所でしたが、あえて沈黙?を保ち、次回大会からはかなり言わせて貰おうかと(笑)
要するにこの大会は一回こっきりじゃな~んの意味も持たないと言いたい訳であります。
この大震災の復興にはかなりの年月がかかります。
一年やそこらで出来る訳ないし、何より放射能問題がかなりの妨げになる訳じゃないですか。
ならばこの『ALL TOGETHER』は毎年やってこそ意味を成すと。
来年は是非とも福島で開催して貰いたい。
毎年被災地東北各県でやったっていいんじゃないのかな。
勿論全国どこでもいいのかも。
新日本・全日本・ノアの三団体ばかりでなく他団体も参加する、いわゆる『夢のオールスター』で。

そこで、そーなるとまた大会的にもカード的にも、毎年やればいろんなアイデアやカードが沸き上がってくるではありませんか?

一年かけてのリーグ戦を各団体でホーム、アウェーで闘いオールスター戦で決勝戦とか、オールスター限定のチャンピオンを決めてその王座戦をやるとか(勿論タッグもジュニアもオールスターならではの6人タッグでも)

オールスター実行委員会を作って、オールスター特製?リングも作ったり、オールスター特別リングアナやオールスター特別解説者、も…もうそのオールスターの為の団体を造っちゃっていいんじゃないのかッ!(アレッ?ちょっと興奮してきた)
オールスターで全国ツアーやってもいいじゃん!
プロレスで盛り上がり熱くなるならオールスターいつでもやっていいじゃん!

んでもって一年一回じゃなく半年に、いや三ヶ月に一回とかァ。
それだったら女子プロレスだって参加してもらってもいいじゃんよ!
なら異種格闘技戦の復活だってさぁ!
じゃあ電流爆破金網デスマッチだってあるじゃん!
…………………。
ま、そんな諸々のアイデア…やりすぎぐらいが丁度いい…(澤選手ホントに辞めちゃうのかなぁ残念だなぁ)
オールスターで日本中を元気にしましょうよ!!

~只今27日22:54ニュースが飛び込む!
来年2月仙台で第二回開催決定!
うれしいニュース!
今日イチ!
さあ、楽しくなって来たぞ~ッ!!!

 2011年8月22日(月)

潮崎と秋山のGHCタイトルマッチがどんな内容かも判らず終わっていた。
潮崎の防衛!
相変わらず週プロモバイルには結果だけ(涙)
なんで取材拒否?してるのかさえ判りませんが今時どーかと。
それはともかく潮崎には出来るだけ長くタイトルを防衛して行って貰って、もっともっとノアを引っ張って行って貰いたい!
たとえ少々シヨッパイ試合だったり(笑)したとしても今回は潮崎を絶対王者とみんなに認められるまでチャンピオンに君臨させて欲しい。
かって三沢さんがチャンピオンになった当初はガラスのエースだとか言われたものだったのだ。

潮崎を神輿に乗っけるのならノアも潮崎をトコトン信じて、なんと言われよーと絶対王者にしてもらいたい。
そこで燃えてこないノアの他のレスラー達はいないだろう。

燃えなきゃ、奮い立たなきゃレスラーとしてどーかと?

特に森嶋、今やらずにいつやるんだよ?
ヨネもそう!
何遠慮してプロレスしてんだろ?(そう見えるから仕方ない)
意味分かんないよ、時間ないと思うけど。
いい人なんてリングにゃいらないよ!
ただただ相手を叩き潰す!
それがプロレスラーじゃなかったのかね?
いい試合とか、相手に合わせる試合とか、名勝負をしようとかなんて、ホントは誰も心湧かないモノだと思う。

ガツガツギラギラ相手を叩き潰すスゲープロレスラーをみんなは求めてるんだよ、それこそがその恵まれた体格を持ってる森嶋なんだと思うけどなァ。
時間はホントにアッという間に過ぎてしまうんだよネ。
いい人なんてリングにゃいらないよ、スゲーレスラーは皆、エゲツない程に自分勝手でそれが皆んなを魅了してたんだと思う。
鈴木みのるなんかは今1番輝いてると思う。
棚橋だってエゲツない程の自分、自分のアピール!

そんなレスラー達の、そんな闘い!

それがプロレスなんだと思う。

みんなそれが見たいんだと思う。

なんでワザワザ自分から相手に背中見せて投げてくださいってなるんだろ?

遠慮し合ってるプロレスだったら自分はもう観なくていいよ。

これは森嶋選手だけに限らず全てのプロレスラーに言いたい事であります。

それを言っちゃオシマイよと言われりゃそれまでだけど。

かって自分達が燃え上がり興奮したプロレスを今一度思い出して欲しい。

そこにはギラギラガツガツ相手をただただ叩き潰そうとしてる凄いレスラー達がリング上で弾けていたんだよね。

強さありきが無くなっちゃ一体プロレスって何なのさ?
エゲツない程のアピールやパフォーマンスだって立派なプロレスだしね。

…と思う今日この頃、半世紀近くプロレスを観て来た男のボヤキ?なんだろか?
とにかくもっともっともっ~と熱い闘いが見たいんだよう~ッ!!

森嶋選手、そろそろ日本人最強の頂きに君臨してみてはどーでしょう?

強い強いモリシーが見たいのです。

全団体に遠征して絶対的強さを示してみるのもいいかもね。

とりあえずはGHCヘビータッグはガッツリとバーナードから取り返してくださいよ。
森嶋ここに有りッ!って感じで頼みます(前回はあまりにも何もしなさ過ぎだったしあれでは吉江が気の毒)

本当に潮崎VS森嶋がノアの看板カードになって行って貰いたい今日この頃なのであります。

 2011年8月15日(月)

このコラムがウィークリージャーナルにアップされる頃にはG1優勝が決まってる訳だけど、流れからすると内藤が棚橋に勝つも同点決戦で棚橋残りで中邑がみのるを下し決勝進出、中邑VS棚橋で中邑か?

それか内藤が棚橋に連勝し中邑も倒し初優勝だと国技館はさぞや揺れるだろーな。

しかし誰が優勝しても、とにかくかなりの盛り上がりで、おそらく夜にはGOーQメンバーでああだこうだと新宿あたりで反省会(飲み会の事です)やってるはずでしょう。
でしょう…とは先週の火祭り決勝戦に西武線が落雷停電の為に観戦出来なくなるという羽目に遭ったのです(涙)
しかしまったく何たる事だよね。
後で昼前に出発してた娘達やマサル氏達に聞けば、そりゃあもう大大大の大盛り上がりだったと…(涙)

そりゃあ歳取ったからってすぐ涙もろくなってきてるんだろーが、そりゃないよだよまったく…ブツブツ言いたくなるもんです。
何もない事を祈るばかりであります。

しかし暑い!暑すぎる!!
だけど熱い熱い闘いは大歓迎なのであります!!

 2011年8月8日(月)

新日本プロレスがもうガンガン来ている!
仙台、札幌、大阪、福岡と主要都市での連日の超満員をマークしてのG1突入!
ノリに乗っての来週両国決勝戦に我がGOーQメンバーで観戦してきます(自分としてはかなり久々の新日本観戦)
今の新日本は棚橋のプロレスが頂点を極めている。
棚橋を中心に華やかな闘いが繰り広げられているよーな気がする。
鈴木みのるや高山、小島といわゆる外敵も乗り込んで来ている。
やはり勢いのある団体には磁力があるのだろう。
その内に船木までもが来そうな感じだ。
そうなればなるほど、生え抜きの新日本のレスラーも黙ってられなくなり激しい闘いやパフォーマンスが繰り広げられていき、ますます新日本マットが活気づくんだろう。
新日本がドンとド真ん中で構えていてくれると日本マット界がいい感じで動いて行くみたいである。
な~んてよくある評論家みたいな事くっちゃべってないで来週両国は思いッ切り楽しんでこよーと思ってます(笑)

金曜ジャーナルのマサル氏が書いてる程現在の自分は大の新日本嫌いではないのです(笑)

そりゃあ昔は、猪木より馬場さんの方が好きだったし、藤波よりジャンボのプロレスに魅せられたしィ、好きな外人レスラーは圧倒的に全日だったしィィ、なによりプロレスだったら猪木より絶対に全盛期の馬場さんの方が…ええ~いキリがないわッ!(笑)

だけど2~30年前は新日派、全日派でホントそれはそれで余計にみんな盛り上がってたよね。
今現在も、いい意味で対抗戦とかはガンガン盛り上がって貰いたいもんです。

ただし会場でのお客同士の喧嘩とかは、今時いただけないけどね(昔はみんな殺気バリバリなんだもん、怖かったよマジで)

 2011年8月1日(月)

暑い夏が来た!

(…ていうか、もうとっくに来てるし、近頃朝晩めちゃ寒いし)

 

暑い夏と言えばZERO1“火祭り”!

てな訳で、また今年も決勝戦を観に行きます!

今年は若手の柿沼選手やみちのくプロレスから初参戦のジュニア・ハヤト選手にゼウス選手とフレッシュで元気ガンガンの注目レスラー達がエントリー、しかも曙までも!

大谷社長は「だからこそ俺が勝たないでどうする、いや絶対優勝する!と考える僕」(社長の口癖無断借用スミマセン)

そして大日本の関本選手にZERO1重鎮トリオの田中選手に佐藤耕平選手に崔選手!

ウウ~ンこりゃ熱い闘い目白押しです(選手の皆さんどーかご無事で)

すでに先週日曜日から開幕してて、さっそくの注目カードがありました。

関本VSジュニア・ハヤト!

大谷VSゼウス!

熱い闘いだったみたいですね。

(マサル氏にまた今度観せて貰わねば)

しかしA、Bのブロック別がなんとも残念ではあるが日程上仕方ない…のか?

(出来れば総当たりリーグが観たかったところですありますが、痛し痒し)

今度の日曜日には誰が“火祭り刀”を手にするのか、今から楽しみです。

 2011年7月25日(月)

小橋が無事?復帰戦を闘い終えた。

実際動いている姿をまだ観ておらず何も言えないが、とにかく小橋自身過去最長の欠場を乗り越え577日ぶりの復活をはたしたのだ。
それだけで充分なのである。
小橋はリングに帰って来た!

それが全てなのだ。

来週G+でその勇姿は観れる。

それが全てなのだ。

ありがとう小橋、ありがとう。

 2011年7月18日(月)

さあ、いよいよ今週末から日曜日プロレス4連戦が始まります!
まず第一陣24日新宿フェイス!
久しぶりの女子プロレス!
栗原あゆみのドロップキックと裏投げを初生体験!

女子プロレス界はある意味混沌としてきてファンにはありがたい大会が組めてるみたいです。
と言うよりフリーの選手が増えて来て一団体に束縛されずいろんな団体に上がれて、ドリームマッチが組めるのかと。
でも、ある意味男子もそう願いたいモノですね。
全員フリーになったらホント面白いんじゃないかな。
そうか、それって60年代のアメリカマット界なんかがそうじゃなかったのかな。
馬場さんが当時のWWA、NWA、WWWFの団体に連続して上がり世界タイトルに挑戦とかしたんだもんね。
いいレスラー、客の呼べるレスラーにはガンガンオファーがかかるんだろーね。
じゃないレスラーは………。

ファイトマネーなんか無茶苦茶凄かったみたいで…そうなれば切磋琢磨で面白い選手が出て来るんじゃないかな。

ちょっと見てみたい世界。
いろいろ考える。

あれこれ考える。

それって楽しそう!

 2011年7月11日(月)

高山とバーナードのぶつかり!

まさにヘビーの醍醐味。

しかし60年代のレスラーって190センチオーバーが当たり前みたいだったんだよね。

今度は森島、吉江がバーナードとぶつかる。

森島の真価が問われる試合。

ドッカンドッカンぶちかましてくれ。

 

高山がKENTAと組むことに。

やっと組んでくれるのか、ノアの洗濯頼みます。

ノアに足りないモノ…のし上がり感、ドキドキ感、単純に毒。

日本マット界にも足りないモノ…本物のヒール、それもカッコイイヒール!

己のニュースソースが少々古すぎ、やっぱ年を感じる今日この頃、であります。

日本マット界にもランディ・オートンみたいなレジェンドキラーの出現を痛切に望むのであります。

レジェンドレスラーに悪態ついて次々に文句なしの勝ち方で日本マット界…いや日本全国をのし歩いて貰いたい。

そんな骨太のプロレスラーって出てこないかなァ。

いよいよ小橋復活!

信じてる。

信じたい。

絶対信者!

泣かせんじゃねぇぞッ!

…って、泣くに決まってんじゃん!

考えただけで涙が出て来らぁ!

しかし、その日は前から決まってた新宿で女子プロレス。

生栗原あゆみを初体験!

不思議な気持ち。

心揺れる髭親父…かな(華名もお初)

 2011年7月4日(月)

プロレス観戦強化月間!

7月14日まで締め切りなんとか乗り切れば、今月24日(WAEV新宿フェイス)31日(和田京平トークLive)8月7日(ZERO1後楽園火祭り決勝戦)14日(新日本両国G1)と4週日曜日ぶっ続けでのプロレス観戦が待っている!

熱い熱い闘いが火蓋を開ける!

しかし、本当に暑い(泣)
クーラー我慢してたがもう無理!

ベタついて原稿用紙もフニャフニャになり仕事になりません(泣)

漫画家にはクーラーなきゃ仕事が出来ねぇだよう、節電したくても出来ねぇだよう(号泣)

仕事部屋はクーラー入れてるがトイレにはない!

トイレでこのジャーナル携帯でうってて汗が止まらねぇだよう(嗚咽)

クーラー効いてる仕事部屋いけば仕事が待ってる!

息抜きにトイレじゃ汗が止まらない!

どうすりゃいいだよう(号泣、嗚咽、鼻水)

 

……天の声「さっさと仕事しなさいよ」

おっしゃる通りですだ、ハイ。

 2011年6月27日(月)

ついに小橋建太が復活するという。

度重なる怪我や病魔からその度カムバックしてきたが、今回はその中でも最長のブランクからのカムバック。

もう心配で心配で堪らないのであります。

しかも万全ではなくてのカムバックらしい。

勿論、全てのレスラーがいつも万全の体調で試合をやってる訳ではない事ぐらいは重々判ってるつもりです。

おそらく年令から考えてもギリギリの、しかもトップを狙うにはホント、ギリギリの決断なのであろう。

やはり鉄人・小橋建太!

それでもお前はてっぺん目指すというのかッ!?

いつの日か、くるであろうリング上での弁慶の仁王立ち!

心行くまでプロレスしてください!

圧倒的に強いレスラーがいなくなった昨今の日本マット界。

シーソーマッチが数限りなく生まれているマット界。
小橋建太の試合にはそれだけじゃないパワーが確かにあった!!

最後のカリスマ・小橋建太!!

あえて言わせて貰う、カムバックおめでとう!

そして、本当にありがとうございます!!!

 

~しかし、WWEのパンクはKENTAの5toスリープ(GTS)もやるんだ(笑)

 2011年6月20日(月)

6/14ZERO1後楽園大会へ行ってきた!

いや~実に楽しい有意義な大会でした。

何が有意義だったかと言うのは、ディック東郷選手のZERO1ラストマッチを観れた事。

それも田中将斗選手との絡みが観れたのである!

観たばっかでナンだが二人のガッツリしたシングル観たかったなぁ、しかし東郷選手のダイビング・セントーン、美しかった!

本当に時間が一瞬止まりました。

みねぴょんの試合は初めて観たがいい選手でした。

若手選手にはいい刺激にもなるしZERO1Jrをどんどん活性化していってもらいたい感じです。

崔選手はやりずらい相手ながら防衛おめでとうです。

そしてメイン!

 

いや~1番感動したのが以外にも曙選手、ボノちゃんになるとはでした!

 

乙選手も肉体改造に取り組み大谷社長や大地選手にガンガン行ってるんだが、いかんせんボノちゃんの地力、底力がハンパなかった!
ボノちゃんの試合って余り観た事なかったけど、ノアでタッグではあったが小橋選手とあたり、小橋選手跳ね飛ばしたその底力を垣間見た程度だった。

しかししかし!

さすがに横綱張った選手なんだよな~と恥ずかしながら改めて思った次第であります。

やっぱ横綱!

その底力と、その存在感は圧巻でありました。

大地選手に甘い顔はしないとは言ってたけど大地くん張り手で吹っ飛ぶはラリアットで叩きつけられるはで試合後吐きそうだった(次回後楽園大会は高山選手に決まったけど頑張れ大地!)

もっともっと怖いアケボノ観たいなぁと帰路についたのであった。

 2011年6月13日(月)

はて困った、今週仕事漬けで頭にプロレスが…ん?まてよ。

あったあった!

録画予約しといたG+プロレスクラシック!

早速観る…!!!

強豪外国人レスラー対決。
ほほ~う、面白そうだな。
馬場、鶴田組VS大木、…南海…(誰だ?)いいレスラーだ(もしかして、後のストロングマシーン2号の力抜山?)いいそり投げ、大木もいいし馬場さんもいい!

なんたって馬場さん大木の頭突きに頭を掻きむしっての一回々ちゃんとリアクションが冴え渡る♪

そしてジャンボ!

いいね、いいね♪

ジャンボ軽い!

このデビューして間もない頃のまだ後ろ星三つのアマリロタイツになる前の赤タイツ時代のジャンボが1番好きかも知れないな。

そして次は、デストロイヤーVSブッチャー!

この二人の闘いは当時かなりゾクゾクさせられ、ロサンゼルスの白覆面の魔王と恐れられ力道山とガンガンやってた頃を彷彿させてくれるデストロイヤーが格好良かった。

自分的にはマーク・ルーインとのチャンピオン・カーニバルでの闘いも凄かったなぁ。

そして、そして次は…!…!?……!!!!

キ、キキッ…キラー・カール・コックスVSディック・マードックのブレーンバスター対決ぅ~!?

ウヒャ~ッ!マジかよッ!?

こりゃまたなんと凄い試合だよ、コックスだよコックス!

知らない人多いだろーなぁ、好きと言うより恐かったレスラーだった。

片方の眼が義眼で地方の試合ではよく試合中とか試合後に外して年寄りとかをビックリさせてたという(今でも誰でも死ぬほどビックリするわッ!)

しかし、コックスやっぱいいわ。

元祖垂直落下型ブレーンバスター!(現在みたいはストーンとは落としてはいなかったと思う)

これぞクラシカル・プロレスリング!(なんだそれ?)

よく馬場に耳そぎチョップ喰らってたなぁ♪

マードックもいい!

まだ若いのに、さすがに天才と呼ばれてただけあって上手い!

ブッチャーVSロビンソン。

二人共さすがにそつなく仕事をこなすね、ナイスファイト!

 

うう~ん、今観てもヤッパ面白い!

 

うう~ん、これは困った。

なにが?

 

話が変わり11日のノア、ヨネがKENTAにエプロンから場外に断崖キン肉バスターを敢行しKENTAが失神してTKO負けらしい。

まだちゃんと観てないので判らないけど、もういい加減こんなんでの潰し合いは止めてもらいたいなぁ。

リング上でガンガンやってんだからさ、レスラーの体の強さはそういう事じゃないと思う。

取り返しのつかない大怪我になっちゃヤダよ、マジで。

 2011年6月6日(月)

なんだかここ連日のZERO1道場マッチが面白そうである。

週プロMobileやZERO1サイトでの選手達のコメントや表情がなんだか日に日にたくましくなっているのが判る。

橋本大地選手は3/6日にデビューしてまだ三ヶ月。

やはり同じ世代の選手達がZERO1には何人かいる、その若き世代での切磋琢磨が素晴らしいし、なんたって人前で連日試合するというのが物凄い成長に直結しているんだろーな。

ZERO1の底力がここへ来てガ然花開いて来てるみたいです。

今観とかねば後でかなり後悔するよーな気がする。

 

今度の14日の後楽園大会にはなんとか仕事をクリアして若きZERO1戦士達の理屈なしのぶつかり合いを見に行きたいと思っております。

ぐあ~ッ、締め切りとダブるぜ!!

 2011年5月30日(月)

あ~めちゃくちゃスッキリした!

ここ数年モヤモヤしていた胸の仕えがスッと取れた!

GスピリッツMobileの木曜日担当・村上謙三久の「ファン上がり記者」の先週号169回〈ウエスタンラリアットが放たれる瞬間〉を読んだおかげです。

ホントにプロレス好きの皆様だったら一読してほしい(ていうか、只単に自分が筆者と知り合いにもかかわらず今まで読んでなかった事を恥じるべきなのだが…村上君失礼いたしました)

現在のプロレスに少なからず違和感を覚える昭和プロレスファンなら誰でも「ウンウン、判るよ判る!」「そうか、そういう事なんだよな!」ってなると思います。

自分が上手く言えなかった事をホントに解りやすく的確にまとめていて脱帽モノです!

またなにかの機会に会っていろいろ話しなくちゃと思った次第です。

しかし既にそのコラムも169回目…バックナンバーのタイトル見てると興味深いモノばかりだしちょこちょこつまんでみたらこれまた面白い話が詰まってる!

あ~なんか楽しみが増えちゃったぞーッ!

遅ればせながら今から熟読させていただきます!!

 2011年5月23日(月)

ゆでたまごさんの中学の時に描いた漫画をテレビでやっていたが、なによりビックリしたのが16歳で描いてた「ゴングですよ!!」のプロレス漫画。

馬場さんや猪木選手らしきプロレスラーが主役なんだろうけど、その猪木選手の漫画の中では‘アントニオ強気’と言う名前だった事である。

強気’と言えば自分が「プロレス・スターウォーズ」の連載終了後に何をやろうかと迷っている時に、なにがなんでも強気で行かねばと考えたタイトルが「俺が強気」。

我ながらいいタイトルだし主人公の名前も祭門強気!…なんて悦に入っていたのだが、なんと知り合いのゆでさんが既に考えていたとは。

世間はまさに広いよーで狭いものだと痛感した次第。
今日は久しぶりにゆでさんに会うので、こね件について聞いてみよーかな。

 

ちなみにツイッターなるものを娘の勧めで始めたはいいけど、なかなか掴めてないのですが、本サイトの「みのもの…ブツブツ」同様時間があれば覗いて呟いてみてください。

なかなか自分は呟けていませんが……ブツブツブツ。

 2011年5月16日(月)

KENTAが仲田龍に喧嘩を売った!
KENTAは正しい(と思う)、それでこそのプロレス!
願うはガチの喧嘩!

受けて立てよ仲田さん!
うるさいKENTAをあらゆる手段で黙らしてみせろ!!

しかし14日のディファ有明でのイベントとかノア選手達のにこやかな顔見てるとなんだかなごむよなぁ。

なんか一杯仕掛けていってくんないかなぁ。
ワックワクするやつ!!

話は変わるが来週22日日曜日、ディファ有明で闘うIT社長・伊藤健一氏が初代王者を賭けてメインで闘う!
親友のゆでたまご・嶋田氏はサイン会を決行!

行かねば!行かねば!!

知り合いの人の総合の初観戦!
う~ドキドキ楽しみ!
頑張ってくれ~ッ、IT社長ーーーーーッ!!!!!

 2011年5月9日(月)

大震災と原発問題の国の有事に、政治家達はまだ陣取りや椅子取りゲームを本気でやってる(マスコミのせいかそれしか見えて来ない)
今は何でもありの一致団結しかないんじゃないかと思う時に「なんじゃこりゃ~ッ!?」状態。
「マジかよ…」
派閥や政党関係なしで有事の為に身を粉に力を発揮せずして、アンタら一体何やってんの?
って本当に頼むよ!

ところでノア有明コロシアム。
今現在5/8日のお昼3時前、まだ第一試合すら始まってはいないけど、いろいろ気になる事がある。
夜中の週プロモバイルで結果見なくちゃなんとも言えないけど、どーしてノアは週プロモバイルでは写真やコメントとか載せないのかと今更ながらの疑問(失笑)
ていうか、ちゃんとG+なりで観てからでないと何も言えんのですけどね。
とにかくノアは今が踏ん張り所だと思う。
ひたすら頑張ってくれとしか言いようがない!
当たり前の事だけど今のノアは三沢さんのノアではないんだよ、今いる選手のノアだから、新しいノアに期待してるんだよーッ!!

負けんな杉浦ーーーーーッ!!!

 2011年5月2日(月)

笑いの力って改めて凄いなと思った。

改めてとは今回の震災で被災地を訪れていたモノマネ芸人コロッケの力強さをテレビで見た事です。

まさに老若男女みんなが腹の底から笑って楽しんでいる。

「うう~ん実力あるなぁ」
「やっぱ力持ってんなぁ」

やっぱり凄い芸です、秀でてます。

長渕剛は被災地で頑張る自衛隊の皆さんに元気づけと感謝の念で訪れた。

「力強いなぁ」。

プロレスでも、その力を見せて貰いたいものです。

勿論、必ずやみなさんに元気を与えられるはずです。

力強さを!負けん気を!

悲しさを!悔しさを!

痛みを!辛さを!笑いを!涙を!

 

そして、何より立ち上がって行く勇気を!希望を!

ロレスは直に瞬時に、その感情をいちばん判りやすく見せて伝えてくれるんです!

「知恵のある奴は知恵を出せ、金のある奴は金を出せ、力のある奴は力を出せ。何をやればいいのか判らない奴は、とにかく元気を出せ!」

松山千春の言葉だそうです。

シンプルでとても力強い言葉です。

さぁ、元気出して行こうぜーッ!!!

アイト、アイトーッ!!!

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.