幸野武史のページ

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 2010年6月29日(火)

  ムーン・シェーカー<67>

ムーンシェーカーインフィニティ→大谷晋二郎・オッキーと…

 2010年6月22日(火)

  ムーン・シェーカー<66>

今なんと孫六の助っ人にきていまして てんやわんやな事になっています

 2010年6月15日(火)

  ムーン・シェーカー<65>

…一昨日は猛虎肘爆弾居士・プロレスラー三沢光晴の一周忌でありました。
それに因んでミシマ社と言う出版社から三沢の残した日記を元にした本が出されまして、タイトルは「ドンマイドンマイッ!・プロレスラー三沢からのメッセージ」(1575円)…と、言うものです。
広告によりますと、三沢の最後の日記は“ドンマイドンマイッ(^-^)"だったそうです。
とにもかくにも、そんな商売商売の本よりもプロレスリングNOAHは、丸藤・KENTA・森嶋・潮崎の4人が長い時間をかけて命を削ってガツンとしたプロレスをするしか三沢の鎮魂にならないんだろうなぁと、思うにつけ…亡き人の魂を継ぐ…と言うことの難しさ、大切さを胸にとめる今日この頃であります。
チクショウ!三沢はやっぱり凄かった!

 2010年6月8日(火)

  ムーン・シェーカー<64>

今時分、九十九里に咲くハマヒルガオです、砂地から・にょきにょき生えています。
そろそろ焼蛤の季節です水茄子や空豆も九十九里のはとても美味しいです。

 2010年6月1日(火)

  ムーン・シェーカー<63>

ケータイの、(2007年より使用している)…「か行」の字が出ない為に、変かんで打とうとしましたが、(例えばケータイのケの字はリルケのケ)を使ったりして打ちましたが、新しいケータイが買えるまでしばらく、長文は打てそうに無いため、こんかいはノーラン・ライアンの話をしようと思っていましたが、挫折してしまいました。
誰も読みたくねーよ!と、謂われそうですがプロレスの話題を取り上げる程、最近試合をみていない事と、やはり三沢の穴がポカーンと埋まらないまま一年たってしまったからで、ありまして・どーかひとつ広~く長~い目で…ああもどかしいです。
「か行」の憂鬱…しかし多重債務の大貧困に喘ぐ自分に新しいケータイかえる日が来るのか!
俺、もう少し焦れ!
と自分自身にハッパをかける日々であります。

 2010年5月25日(火)

  ムーン・シェーカー<62>

[さあ酒を飲もう]…君は見ている知っている…天空ほどの霊峰から流れ落ちる一滴の水はやがて激流となり、河・滝・川を経て海へと流れ落ちる、流れは時のように決して元へと戻らない。
巨万の富を得るとも、透き通った鏡の前で日々の老いはハッキリと映っている。
まぶしい朝日の光も、あっという間に暮れなずむ。
人として生まれ心にかなう楽しむ事が見つけられたなら、その喜びを味わいつくす事が肝心だ。
淡雪のような美酒をほったらかしにしては勿体なさ過ぎる、人も同じ、人は必ず何かの役に立つ為に生まれてくるのだ。
金も使い尽くせば又必ず戻って来る。
さあ!牛肉を、極上のマグロをいただいて美酒を体の芯から味わおう。
…ただし飲むからには心して、必ず一度に三百杯を楽しもう。
☆☆☆☆☆
この詩は、中国の偉大なる酔いどれ詩人、詩仙とうたわれた「李白」の<将進酒:さあ酒を飲もう>と言う詩を、僕なりに勝手に潤色したものです。
かつて李白が満天の星空を眺め、自然を眺め、グデングデンに酔っぱらいながら無限への憧れに思いをはせた光景が、1310年の時を経て蘇ってまいります。
さあ酒を飲もう!であります。

 2010年5月18日(火)

  ムーン・シェーカー<61>

教育哲学者のルソーは、「この世の中に、よく出来る子と出来ない子はいない。
学習の速い子と遅い子がいるだけだ」と言ったそうです。
学習…学習・学びならう、という、この規則的・法則的キマリから外れたらダメ!的な、一見、有限な窮屈に見えるものの中に無限な自由を見いだし、楽しく学ぶ為にはどんな方法があるのか?…やはりそれはアレヤリナサイコレヤリナサイ!ではなく…やりたいヤラせて自由に。
でありまして「おのずからなるモノより出ずる」が最も大切な事だと思いマス。
哲学者、山折哲雄氏曰わく「学問で何より大事なのは直感と好奇心」と仰っしゃられる様に直感と好奇心こそ・おのずからなるものを刺激し、憧憬・憧れが起爆剤となる事は間違いないのです。
では、自分にとって具象化した憧れとは何ぞや?と考みると、やはり中2~中3・ブルースリーが暴れまわりオーラを発しまくった、あの燃えよドラゴン時代の空気感、死んだ人がスクリーンから飛びだして、生き生きと魂をワシづかみにするあの快感。
アアあのドラゴンシャワーは…熱かった!李小龍万歳!僕は、燃えよドラゴンみたいな漫画を描きたかったんだ…きわめて漫画学習力の遅い僕。
ソロソロ自己の自由学習の成果を自分に見せなくちゃ…今今と今という間に今ぞ過ぎ行く…自戒の念まで

 2010年5月11日(火)

  ムーン・シェーカー<60>

最近キリンから出た「休む日のAlc. 0.00%、回復系アミノ酸オルチニン400mg」に嵌っています。
近鉄バファローズの代走要員吹石の娘がCMでキューカンチョウ持って「キューカンビ休肝日」というアレであります、シジミ何百個分と言うやつです、最初はなんだか気味の悪い飲み物だなぁと思ったのですがホッピーの代わりに金ミヤ焼酎で飲んだら、なんだかとってもイイ感じ…go to スリープ、バタンキューで久々8時間グッスリ寝たのでありました。
んで、その翌日オルチニンの含有量は少ない「大人のキリンレモン」割りでキンミヤ焼酎のんだら、スッキリ廻る事。
まさにオルチニン割りは肝臓を思いやりながらも、イイ感じの酔いを少量のアルコールでもたらせてくれる優れもののアミノ酸であります。
…とまあ、割る事と混ぜ混ぜ好きな僕でありますが、脳みそのなかみは至ってシンプル・イズ・ベストに出来ているらしく常日頃みの仙人より「タケシ君は本~当に!後・先、考え無し。 全く学習しないよねッ!」と、呆れ顔で厳しい採点…自分では割合真剣に生きてるつもりナンですが…笑ってコラえて、とは正に僕の為にあるのでしょうか?
武士道の自己を見つけ極めるべし、と同じくgnothi seauton(グノーティサトゥン)古代ギリシャの哲人言う所の「汝自身を知れ」で、しかし、…言う者は知らず…知る者は言わず…廻るロゴス…

 2010年5月4日(火)

  ムーン・シェーカー<59>

清貧・読んで字のごとし、「まずしくともきよい」が古来日本的霊性に通じる「侘」わび「寂」さびの美の道を貫く文化でした。
しかし今やスーツを着た社会人が、あろうことかコンビニ弁当をつつきながらスクランブル交差点の雑踏を闊歩する時代が訪れているのであります。
あぁ!まさに濁貧ここに窮まれり、社会が成熟できず腐りきっているのかも知れません。
…しかしながら、一方ブルーハーツの詩の一節にある「見栄をはらなけりゃなんだかチョット格好悪いな」の人達も沢山いるはずで、見栄をきり見栄をはる生き方は「死」と真正面から向かい合い、「死」を確かに意識する一期一会に意識をどれだけ集中しうるか?なのではないでしょうか。
以上の意見は僕が「日本的霊性を思索する」この一点に今年いっぱいはこだわってみたいと思う次第であります。
桜散りはなみずき照る日の光…武貧

 2010年4月27日(火)

  ムーン・シェーカー<58>

今年はプロ野球が面白い。
個人的に40年前から広島東洋カープ派で今年はいよいよ若きエース前田健太!(大阪出身・桑田に憧れたPL学園のエリート)がついに花開く予感がするからであります。
かつての福士(旧松原)佐々岡らから譲りうけたエースナンバー18は落ちながらスライドする切れ味のよさ!
ヤクルトのヨシノブほどストレートの迫力はないけれど、高めに切れのよい140km後半にスライダー+フォークはなかなか打てるもんじゃない!
カープは今年からユニフォームのロゴに黒い縁取りを入れたのもメリハリがあって格好イイし、昨年は打撃陣に恵まれず勝ちに繋がらなかったのが、今年は栗原健太がいい感じになってきているのでこれはクライマックスなら行けるかな~?という淡い期待感が野球を見る気持ちにさせているのかもしれません。
若い力と言えばロッテの大嶺も見違えるほど成長をしているし、自分の子供と同い年の若い力がプロ野球をぐいぐい面白くさせている実感は爺クサイのですが、みんな無事に・いや無事でなくともハツラツと煩悩即菩提で野球を全うして貰いたいと思う親心も少々…「ネタが無くなると野球で繋ぐのかな?」オチ導師の鋭い指摘を頂きそうであります。
今日も、みの仙人の膝下のもと飯能修行が始まります。

 2010年4月20日(火)

  ムーン・シェーカー<57>

レ・ミゼラブルああ無情を何十年振りかに読んだ。いやあ、当時は全く感じなかったのですが今読み返してみると、ああ無情こそ梶原一騎ワールド全開!
梶原原作そのものが詰まっていたのですねぇ~驚きました。
不屈の主人公ジャンバルジャンこそ、矢吹丈であり星飛雄馬であり伊達直人であり、愛と誠の大賀誠だったのであります。
梶原大兄の紡ぎだすタフでで孤独な主人公の源泉がジャンバルジャンだったとは…今更そんな事を!と、旧知の先輩は沢山いるのかも知れないのですが、巨人の星の一ファンとしては目からウロコの大発見をした気分でありました。
換骨奪胎(カンコツダッタイ)の妙味ここにあり。と申しましょうか、天晴れ!と雄叫ぶ大沢親分のように、見事に自分の梶原フィルターを通しておられました。
すべからく、この世の中は皆何かの物真似で(例えば親・友・師)あり、神・宗教さえ巧みな換骨奪胎がベースで出来上がっています。
M・マスクマンマン氏の謂れた金言になぞらえ、僕も人間が人間であるために、悠久なる憧れと愛を具象化する努力を怠ってはいけない。と言う大切な事を再確認した次第であります…醜の中にも美あり、美も過ぎたれば醜にほかならず…換言すれば、悪の中にも善あり善も過ぎたれば悪にほかならず。
愛憎白黒不二一如。

 2010年4月13日(火)

  ムーン・シェーカー<56>

僕は今C県の中核都市i市に住んでいるのですが、インフレかデフレか分リマセンガ不況大国・日本にも徐々にスラム街化の波が押し寄せている実感をヒシヒシ感じざるを得ない、と言う体験をしました。
このG町はかつて国会議員をしていた暴れん坊Hのお膝元の町でありましたが、今は新興勢力のギャングたちが牛耳っている町で、200X年には暴力団員が3人撃ち殺された事件があったり、中学生がシャブ売春に手を染めてしまう「無法の世界」なのですが、先日夜中の一時半にほろ酔いで、メジャーリーグ・パイレーツ岩村の試合がもうすぐ始まるから、よし台所にたまったゴミを捨てとこうかなと思い二階から歩いておりていきますと、マンションの玄関前に白いアリストと煙草をくわえてそばにいた、いっかにも様子の悪いスーツを着た若い衆が「チッ」と言う感じで夜中にゴミするデブ爺ィに道をあけてくれました。
僕も内心「このカス野郎!」と毒づきながら、わざとユッタリとゴミを捨てエレベーターに乗りこみました、そして二階につきエレベーターがガーっとあいた瞬間!やはり様子の悪いスーツを着た、いかにもモロ韓国人がビックリ仰天!で後ろに飛び退いてカカトからスッとアイスピックのような細い仕込み刀を出しました!
ザ・フーの「無法の世界」が聞こえてキマシタ

 2010年4月6日(火)

  ムーン・シェーカー<55>

今年もまたプロ野球が始まりました、地元千葉ロッテマリーンズを中心に見て行きたいと思います。
渡辺俊介が完全復活し小林宏之が本格的なストッパーとして確立したときクライマックスシリーズに行ける戦力は整う事でしょう、注目選手は中日ドラゴンズの芳紀エース候補生・伊藤準規投手ですが腕の出どころが若干上すぎるので肩を痛めないか今から心配です。
投手と言えば投球術の命チェンジアップにも色々ありますがオリックスの左腕・山本の踏み出す右足のブラブラタイミング外しは個性的で面白い投手の一人と言えましょう。
ともあれメジャーも始まり又忙しくなりそうです。
今回は哲学も禅に触れずオチ導師に叱られそうです…。

 

■バックナンバー

 

 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.