プロレス辞典

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 あ行

  秋山 準(あきやま じゅん)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1992年全日本プロレスにて。

  阿修羅・原(あしゅら はら)

本名:原進。元ラグビー世界選抜選手。1976年プロレス界入り。国際プロレス入団→全日本プロレス→SWS→WAR。94年引退。

  石森 太二(いしもり たいじ)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、2002年闘龍門メキシコにて。

  井上 雅央(いのうえ まさお)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1991年全日本プロレスにて。

  NWA

『National Wrestling Alliance』の略。セントルイスに本部を置く、全米のプロレスプロモーターによる同盟。ここのタイトルが世界最高峰といわれた。

  小川 良成(おがわ よしなり)

PRO-WRESTLING NOAH取締役兼レスラー。デビュー戦は、1985年全日本プロレスにて。

 

か行

  カード

対戦カードの略。試合の組み合わせのこと。○○対○○。

  カズ・ハヤシ

全日本プロレス所属。デビュー戦は、1992年ユニバーサルにて。

  川田 利明

フリー。デビュー戦は、1982年全日本プロレスにて。現在、ハッスルを主戦場としている。

  急造チーム

普段はタッグをあまり組まないが、リーグ戦やタイトルマッチ用に急に造られたタッグチーム。

  GURENTAI(ぐれんたい)

鈴木みのるを中心とするユニット。他メンバーは、太陽ケア、NOSAWA論外、MAZADAなど。今年から高山善廣も参加。

  グローバル・タッグリーグ戦

PRO-WRESTLING NOAHが年1回春に行う、タッグマッチによるリーグ戦。最多得点チームが優勝。開催期間、約1ヶ月。
08年よりスタート。08年度優勝チームは、齋藤彰俊&バイソン・スミス組。

  KENTA

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、2000年全日本プロレスにて。

  小島 聡(こじま さとし)

全日本プロレス所属。デビュー戦は、1991年新日本プロレスにて。

  小橋 建太(こばし けんた)

PRO-WRESTLING NOAH取締役兼レスラー。デビュー戦は、1988年全日本プロレスにて。

 

さ行

  最強タッグ

正式名称「世界最強タッグ決定リーグ戦」。春のチャンピオンカーニバルに対し、全日本プロレスで毎年暮れに行われる。タッグマッチによるリーグ戦。

  齋藤 彰俊(さいとう あきとし)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1990年パイオニア戦志にて。

  佐々木 健介(ささき けんすけ)

健介オフィス所属。デビュー戦は、1986年新日本プロレスにて。

  真田 聖也(さなだ せいや)

全日本プロレス所属。デビュー戦は、2007年全日本プロレスにて。

  三冠王座

全日本プロレス最強の証。インターナショナル、UN、PWF 各ヘビー級のベルトを統一したタイトル(チャンピオンベルト)
初代王者:ジャンボ鶴田

  GHC

『Global Honored Crown』の略。 地球規模の崇高な王座の意味。NOAHのタイトルの名称。ヘビー、ジュニア、タッグ、ジュニアタッグ、ハードコアの5種類。
タイトル管理委員長:ジョー樋口。

  シーク&メフィスト組

ザ・シーク、グレート・メフィスト。1980年世界最強タッグ決定リーグ戦に出場したタッグチーム。成績は最下位。

  潮崎 豪(しおざき ごう)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、2004年PRO-WRESTLING NOAHにて。

  ジュニア

ジュニアヘビー級のこと。体重約100kg以下の選手、または階級(団体によって異なる)。

  ジュニアタッグリーグ戦

本文では、NOAH主催の『日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦』が正式名称。年1回開催され、07年スタート。内容的には、『グローバルタッグリーグ戦』と同じだが、参加者はジュニアヘビー級選手に限定される。07、08年と過去2回ともに、KENTA&石森太二組が優勝。

  ジョー・ドーリング

外国人レスラー。デビュー戦は、2004年。全日本プロレスでのデビュー戦は2007年になる。現在、ユニット「ブードゥー・マーダーズ」参加。

  杉浦 貴(すぎうら たかし)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、2000年PRO-WRESTLING NOAHにて。

  鈴木 みのる(すずき みのる)

パンクラスMISSION所属。デビュー戦は、1988年新日本プロレスにて。現在、ユニット「GURENTAI」参加。

  諏訪魔(すわま)

全日本プロレス所属。デビュー戦は、2004年全日本プロレスにて。チャンピオンカーニバル昨年2008年度優勝者。

  セミ

セミ・ファイナルのこと。プロレス興行は、1日約8~10試合行われる。最後の試合から1つ前の試合のこと。

  ゾディアック

外国人レスラー。2007年、全日本プロレスに出現。現在、ユニット「ブードゥー・マーダーズ」参加。

 

た行

  タイトル

選手権。その競技でもっとも優れた人(組)に与えられる称号。プロレスでは、チャンピオン(ベルト)のこと。タイトルマッチ。タイトルホルダー。

  タイトルマッチ

チャンピオンベルトをかける試合。

  太陽ケア(たいよう けあ)

全日本プロレス所属。デビュー戦は、1994年全日本プロレスにて。現在、ユニット「GURENTAI」参加。ハワイ出身。

  田上 明(たうえ あきら)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1988年全日本プロレスにて。元力士。

  高山 善廣(たかやま よしひろ)

フリー。高山堂。デビュー戦は、1992年UWFインターにて。

  タッグチャンピオン

タッグマッチによるタイトルマッチのチャンピオン。チャンピオンベルトはそれぞれに送られる。

  タッグマッチ

2人1組になり、対戦する方法。ルールにもよるが、基本的にリング内で戦うのは1対1.タッチにより味方と交代できる。

  タッグ屋

シングルマッチよりもタッグマッチを得意とするレスラー。または、そのタッグチーム。

  谷口 周平(たにぐち しゅうへい)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、2005年PRO-WRESTLING NOAHにて。

  チャンピオンカーニバル

全日本プロレスが毎年春に行う、シングルマッチによるリーグ戦(最終戦はトーナメント)形式の大会。『春の本場所』『春の祭典』とも呼ばれる。2009年度大会出場者の中で、過去の優勝経験者は、武藤敬司3回、太陽ケア1回、小島聡1回、諏訪魔1回。

  ツープラトン

タッグマッチにおける攻撃手段。二人がかりで技(合体技)を決めること。かなり危険な技もある。本来、反則である。

  鶴見五郎&ワンマンギャング組

1984年世界最強タッグ決定リーグ戦に出場したタッグチーム。成績は2点ブービー。

  ディーロ・ブラウン

外国人レスラー。2007年よりブキャナンとNOAHに参戦。

  天龍 源一郎(てんりゅう げんいちろう)

フリー。1976年、全日本プロレス入団。デビュー戦は、ファンク道場(アメリカ)にて。元力士。

  天龍同盟

天龍源一郎が全日本時代の87年に結成したユニット。タッグパートナー阿修羅・原の他、若手のサムソン冬木、川田利明、小川良成の計5名。全日本活性化のため、反体制にまわるが悪役ではない。

  天龍&ハンセン組

天龍源一郎、スタン・ハンセン。1989年世界最強タッグ決定リーグ戦で、史上初全勝優勝したタッグチーム。別名:龍艦砲。

  外様

他団体から途中入団した選手のこと。

 

な行

  西村 修(にしむら おさむ)

全日本プロレス所属。デビュー戦は、1991年新日本プロレスにて。

 

は行

  バイソン・スミス

外国人レスラー。2001年よりNOAHに参戦。現在、齋藤彰俊のタッグパートナー。

  浜 亮太(はま りょうた)

全日本プロレス所属。デビュー戦は、2008年全日本プロレスにて。元力士。

  ブキャナン(バリー・ブキャナン)

外国人レスラー。2007年よりディーロ・ブラウンとNOAHに参戦。

  渕 正信(ふち まさのぶ)

全日本プロレス取締役兼レスラー。広報等担当。デビュー戦は、1974年全日本プロレスにて。デビューから35年。

  ブッチャー&シーク組

アブドーラ・ザ・ブッチャー、ザ・シーク。70年代から80年代にかけて来日していた悪役外国人レスラー。

  フリー

団体に所属しないレスラー。

  ブロディ&スヌーカ組

ブルーザー・ブロディ、ジミー・スヌーカ。全日本プロレス、新日本プロレスで活躍したタッグチーム。

 

ま行

  丸藤 正道(まるふじ なおみち)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1998年全日本プロレスにて。

  三沢 光晴(みさわ みつはる)

PRO-WRESTLING NOAH社長。デビュー戦は、1981年全日本プロレスにて。『二代目タイガーマスク』。

  武藤 敬司(むとう けいじ)

全日本プロレス社長。デビュー戦は、1984年新日本プロレスにて。『グレート・ムタ』という別の顔を持っている。

  メイン

メイン・イベントのこと。プロレス興行の一番最後の試合。人気のある選手やタイトルマッチなどが組まれる。

  森嶋 猛(もりしま たけし)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1998年全日本プロレスにて。

  モハメドヨネ

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、1995年藤原組にて。
現在、ユニット「DIS OBAY(ディス オベイ)」を力皇猛と興し、活動中。

 

や行

  ヨネ軍団

NOAHのレスラー、モハメドヨネと力皇猛と興したユニット。正式名「DIS OBAY(ディス オベイ)」。ジュニアの金丸義信、鈴木鼓太郎、平柳玄藩と合体し、現在5名で活動。乱入凶器攻撃を得意とする。つまり、悪役である。

 

ら行

  力皇 猛(りきおう たけし)

PRO-WRESTLING NOAH所属。デビュー戦は、2000年全日本プロレスにて。
現在、ユニット「DIS OBAY(ディス オベイ)」をモハメドヨネと興し、活動中。元力士。

 両リン

両者リングアウトのこと。試合の権利がある者の両名が、リングアウトになること。

 リングアウト

試合の決着方法の一つ。試合の権利がある者が、リング内に決められた時間に戻れない場合。全日本は10秒、その他の団体は20秒以内に戻れないと負けになる。カウントはレフェリーが数える。

 

わ行


 

 

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.