イチ押しの注目カード

 

TOP
みのもけんじプロフィール
みのもの・・・ブツブツ。
Weekly Journal
勝手に、注目カード!
プロレス観戦記
怒濤のロイヤルランブル
朝まで言いたい放題
プロレス辞典
LINK
 

 

 第3回開催<2> 2010.6.28(月)

第3回『朝まで言いたい放題』続篇スタートです!!
メンバー変わらず、みのも、幸野、マサル、おおひめと、大谷晋二郎選手、オッキー沖田リングアナです!
場所も変わらず、新宿 呑者家(どんじゃか)末広店です。

もう、とっくに終電時間過ぎてます・・・。
『プロレススターウォーズ』話、続きます♪
盛り上がって行きましょ~~~~~♪♪


大谷>気になるのは、タッグでもシングル勝ち抜き戦でも勝ち負けって難しくなかったですか?

幸野>完全な負け役って作れないよね、クレームが来そうで。

大谷>両者KOだったり、負けても前の試合では勝ってるみたいに・・・。よく坂口さんと原さんから文句こなかったなぁって。

マサル>カブキ&ナガサキは海外行ってて文句来ないから、負けるのかなぁって思ってましたよ。第一試合でファンクスが勝ってるし、負けてイーブンかなと。

大谷>いや、それはないでしょう。マサ斉藤さんが推薦したんだから負けないですよ、オリエンタルコンビは。

マサル>学校の先生も言ってましたね。「オリエンタルコンビは、なかなかやりそうじゃないか」って。

大谷>ありますね。ありました、生徒たち相手に。

みのも>ちょっとしたコマのやつでね。よく覚えてるね。

沖田>あれでミズーリ川に身投げしたっていうのを読んで、ミズーリ川に行きたくなりましたもん。

幸野>高千穂でしょ。高千穂明久が一度死んでグレートカブキになった。

大谷>ずーっと気になってて、みのも先生に聞きたかったことがあるんですよ。オリエンタルコンビを推薦したのは、マサさんじゃないですか。猪木さん、馬場さんが選抜チームを発表してる時に、4チーム発表して「残り1チームは・・・」って言ったんですよ。誰を言おうとしたんだろうって。木村健悟さんなのかなって。

みのも>何もなかったでしょ。考えてないもん。

一同>(爆笑)

おおひめ>そういう演出なんですね。大谷選手ガックリしてますよ。

大谷>ちょっと夢が崩れましたよ、先生の一言で。

沖田>いいじゃないですか。もういい年なんで、現実を知るのも。

大谷>いや、今の今までもう1つのチームは誰なんだろう、誰なんだろうって考えてましたよ。

みのも>忘れましたけど、もしかしたらその時は誰か考えてたかもしれませんよ。

マサル>26年前のことですから水に流してください。

沖田>26年前ですかっ!俺も年とったなぁ。36歳ですよ、もう。

おおひめ>大谷選手はおいくつですか?

大谷>ボクは24ですよ。

マサル>あぁ、思ったより老けて見えますね。気持ちね。

一同>(笑)

大谷>本当は37歳で、今年38です。『プロスタ』はフレッシュジャンプで連載中から読んでましたよ。

沖田>学校で回し読みしてましたよ。みんなまず、『闘将 拉麺男』から読むんですよ。でもボクは「まず『プロスタ』だろっ」って思ってましたよ。単行本もすぐ買って、回し読みして泣いてましたよ、みんなで。学校の男子生徒の9割がプロレスファンで、一緒にプロレスごっこしてた奴が、うちの会社の後援会長やってますよ。

幸野>それだけ子供のころからプロレス好きだと、大人になっても捨てられないよね。実際、大谷選手は本物のレスラーになってるし、沖田さんもプロレスに関係した仕事してますもんね。

おおひめ>モバイルゴングの『真説 プロレススターウォーズ』も当然お読みになってますよね?ご本人も出場されてるし。

大谷>ついに来ましたね。その話、いっちゃいますかっ!!

沖田>あの時大谷、田中、沖田で、毎週更新日の24時過ぎた時間にアクセスしてましたよ。

大谷>24時前後は、20回くらいアクセスしてましたよ。早く見たい、早くしてくれって。

みのも>途中で連載が終わったのが残念だけど、大谷選手の試合は最後まで描けてよかったですよ。

マサル>毎週のイラストもよかったですね。待ち受けとかにもしてましたし。大谷選手の顔面ボコボコの一枚が良かったですね、大谷選手らしくて。

沖田>田中は、似てないって言ってたんですけど、みのも先生タッチでいくと田中将斗はこうなるんだって。

大谷>皆さんなら分かってもらえると思うんですけど、ずーっと憧れてたマンガにボクが出てるこの気持ち。憧れてたマンガで自分が闘っている感動。普通なら橋本さんが出てくるんだったら三銃士の流れで、武藤さんと蝶野さんが出ると思いますよ。

みのも>ボクの中では、もう大谷選手しかないですよ。橋本選手が出てきたって時にみんなで作戦会議してるんだけど、大谷選手の性格的に「オレが行きます」って。

大谷>橋本さんがリングからオレを呼んでくれて、蝶野さんが「ブッチャーからのご指名だ」って言うんですよね。そしたら横から金村キンタローが出てくる。たまらないカードですよ。橋本、冬木VS大谷、金村。シングルじゃなくてタッグにしたっていう感性が素晴らしいですよ。

みのも>橋本選手と金村選手が川崎球場で対戦した時に、冬木選手の遺骨を抱いて電流爆破に突っ込んだ話は泣けるじゃない。そうなると、冬木選手に対しては金村選手だし、橋本選手には大谷選手ですよ。武藤、蝶野じゃなく、大谷選手しかいないですよ。勝手に使っちゃって申し訳ないんですけど。

大谷>何を言ってるんですか、みのも先生!こちらこそ使ってもらって、ありがとうございます。

沖田>今地方に行くと、プロレスに飢えてる人が多いんですよ。「大谷が来てくれた」って凄いんですよ。

みのも>大谷選手は新日本時代、ヤングライオンの代名詞だったから、そりゃそうなりますよ。

沖田>皆さんも協力してくれて、一緒にお酒を飲んだりもするんですけど、その席で皆さんに見せたいものがあるんですってモバイルの『プロスタ』の話をするんですよ。亡くなったレスラーが生き返って。

大谷>内容を全部話すんですよ。田中が芝のFOSの事務所に走ってくると自分を探すんですよ。すると屋上で一升瓶抱えてって。そういうイメージなんですか?

みのも>大谷選手のお酒の話って有名じゃないですか。

大谷>そんな。人並みにしか呑まないですよ。

おおひめ>え~~~~。今日もずいぶん呑んでますよ。

マサル>酒豪のレスラーっていうと、藤原喜明さん、天龍さん、そして大谷選手ですよ。

大谷>そんなことないですよ。誰が言ってるんですか!すいません、いつものください!

沖田>この店、初めてじゃないですか、社長~。

マサル>ははは。サムライで三田さんとかよく言ってますし。大谷選手本人も、朝7時まで呑んでたとか言ってるじゃないですか。

大谷>お酒よりも『プロスタ』ですよ。モバイルの続き書いてくださいよ。

みのも>いいですよ、ぜひ書きたいですね。魂のこもった『プロスタ』的なレスラーって、大谷選手が最後かもしれない。昭和の匂いのするサムライ的なレスラーは。

幸野>本当に大谷選手、ZERO1を舞台にすれば、素晴らしい作品になりますよ。

おおひめ>みのもさんのプロレスマンガを待っているファンは多いですから、これを機会にお願いします。

みのも>今日の試合で大谷選手たちに元気をもらったんで、ガンバリますよ。オレ、ウーロンハイ!

大谷>こうして初めてお会いして、食事させていただいて、これは必然なんですよ。熱い心を持っている者同士引き合うんですよ。あぁ、酔ってきた。すいませ~ん、いつものっ!!


・・・怖いくらいお酒がすすんでます・・・・。
最終回はこちらから   GO!

 
バナー8831
バナー
リンクのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。
 

管理者 GO-Q PRO-WRESTLING
  みのもけんじ・サイトへの
  お問い合わせは
   Eメール メール でお願いします。

GO-Qプロレスロゴ

Copyright(c) 2009 みのもけんじ GO-Q.PRO-WRESTLING All Rights Reserved.